カテゴリ:Item( 27 )

我が家のファーストエイドキット

d0112801_22451826.jpg

自宅から離れる時や自然の中に入る時、特に子供達と一緒に出かけるは、必ずと言って良いほど持ち歩くファーストエイド。
今までは、薬箱から必要なものだけを持ち出していたが、自然に入ることが多くなってからは自宅用と持ち運び用を完全に分けた。
取り出し易さと、必要最低限に絞っているため薬の発見し易さもあって半自宅用にもなっていたりする。
ひよりに関していえば、転んで擦り傷をつくろうもんなら、早々にこれを開いてバンドエイドを貼っているということも。


誰がみてもどこからどうみても救急セットだとわかるというところが最大のポイントである。


最初は持っている袋を利用して作ろうと思っていたけど、自分しか分からなくなってしまうし、他の袋に埋もれてしまう可能性もある。
まして自分が怪我をしてしまった時にこれに気付いてもらえなかったら救急の意味を成せずに終わってしまう。
ということで、一発で分かる十字の入ったドイター赤袋にした。
さすが専用に作られているだけあって、収納力あり使い勝手良し持ち運び便利の三拍子が揃った。

必要最低限はこんだけ。あとは必要に応じて追加したりするようにしている。
妻が医療系ということもあり、定期的な薬の補充や的確な効用知識・アドバイスをしてくれるのでさらに安心なのだ。


子供でもすぐに発見できる、一家にひとつの強〜い味方。
[PR]
by hibi-nani | 2013-05-16 23:20 | Item | Trackback | Comments(0)

PETZL【ペツル】 ティカプラス 2

d0112801_2256171.jpg

d0112801_22105918.jpg

白色光:2段階の照射レベル(最大、 エコノミー)と点滅モード
赤色光:2つの照射モード(連続点灯、点滅)
プッシュ式スイッチ/角度調節機能/バッテリーインジゲータ/アダプトシステム対応/IP×4(全天候型)/リチウム電池使用可能

・光 束:50ルーメン(最大)
・重 量:83g(電池込み)
・電 池:単4アルカリ電池×3本(付属)



2年前から使用しているヘッドランプは、ペツルのティカプラス2。
これを買うきっかけとなったあの時以降、東日本大震災で数日間停電になった時や、夜間の作業、白いビニール袋を被せて吊るせばテント内のランタン代わりにもなり多いに活躍している、今や無くてはならない道具のひとつである。

白色・赤色と2色のLED光源を持ち、ハイアウトプット白色LEDは、最大光量50ルーメン、照射距離は35mという文句無しに使える実力。
赤色LEDは、星を観測中の手元を照らしたりなどの夜間視力を維持するために活用している。(虫もそんなに寄ってこない)
あとは点滅モードで自分の位置を知らせるセーフティライトとしても使用できる。
グローブをしていても誤操作しないメインのスイッチや、止めたいところで角度調整が止まるロックシステム。
バッテリーインジゲータ機能を搭載し(要は電池が無くなりそうになったら教えてくれる機能)、照射距離が5m以下、あるいは照射時間が半分を過ぎると点灯してお知らせしてくれるわけだ。

リチウム電池が使用できるので、更なる軽量化や低温下での使用にも対応可能。


d0112801_22454399.jpg


これが、シリーズ用に開発された充電式リチウムイオンポリマー電池。
充電して繰り返し使用できる。300回の充電が可能で、単4アルカリ電池900本分の使用回数と同じらしい。(300回以上充電しても使用できるが、初期容量から30%ほど減少)
そしてなにより一般的な USB 電源を使用して充電できるということ。
例えば、携帯電話や音楽プレーヤーの充電器、シガーソケット、ソーラーパネル、モバイル電源、パソコンで充電ができるのだ。
さらにスゴイことにソフトウェア OS by Petzl を使用すれば、用途と使用するヘッドランプに合わせて光の強さや照射時間をカスタマイズすることができる。スゴイでしょ?


d0112801_2344912.pngCOREには専用のソフトウェア OS by Petzl があります。このソフトウェアをコンピューターにインストールすると、ケーブルでつないだ「コア」をカスタマイズすることができます。電子制御機能のオン・オフ、照射力や照射時間を好みに合わせて設定できます。マウスクリックだけで操作が可能な直感的なインターフェイスです。
コチラより Windows 版または Mac 版を無料でダウンロードできます。(英語版)




この明るさ、この軽さ、それは神の恩恵を示すもの。
[PR]
by hibi-nani | 2013-05-15 23:24 | Item | Trackback | Comments(0)

BackPacking trip | Every Trail

大滝山自然公園ショートトレイル。
d0112801_1203625.png

休日とはいえ、独り身のように自由に時間を作ってどこかに出かけるということはまだまだ先の話で、今は子供達と向き合う大切な時期なのだ。
僕は、流行の服を買うわけではなく、仲間と飲みに出かけるわけでもなく、クラブやパーティーに遊びに出かけるわけでもなく、今の時代のこの年頃の割には少々変わり者だということは自分自身で十分にわかりきっていることである。
ただし、あくまでもそれは一般論で多数決の世界の話の上でだ。
でも僕はそこにはいない。
だから仕事が終わればまっすぐ家に帰り、家族と一緒にご飯を食べて子供達と限られた時間の中で戯れてお風呂に入って寝る。
休日はいつも通りの時間に起きて子供達を幼稚園に送って行き、時間の午後2時になると迎えに行って食材を買って帰り、昼寝で寝かしつけた後たまには夕飯の支度をしたりして妻の帰りを待つ。

こうして文字にして自分で読み返すとなんとも絵に描いたような父親像で笑えてくる。(もちろん周りの支えがあってこそだが。)
文字通りのそんなにそんなにキッチリはしていないが、"マトモに生きる" ということで自分の人生がようやくクリーンになってきた気がする。

自慢じゃ無いがお金は無い。
でも家族がいて、我が家があって、車があって、笑顔がある。
これ以上なにが必要なんだ!?と自分自身思ってしまうほどの理想が現実となってここにある。
しかし、もうひとつ。
普段の生活の中でもうひとつだけ僕には大切なものがある。

自然。

この限られた時間に優先してしまうのが、自然を感じたいという気持ち。
世の中にこれが無きゃ息苦しくて死んでしまうかもしれない。
僕が思うに人間であれば誰もがそう思うんじゃないかと思う。
仕事も人生。でも僕は冒頭でもお話した通りの変わり者。プライベートのほうがより人生なのだ。
勘違いしてもらいたくないのは、仕事で手を抜いているわけじゃない。
仕事よりも本気だということである。

休日に子供達を幼稚園に送って迎えに行くまでの4時間で自然を感じられる場所はないか探した。
一番近い太平山でも車移動でかなりの時間ロスになるし、ましてや登って降りることなんて到底無理。
いや、まてよ。そもそも自然=山という考えが間違っている。
頂上を目指すということより自然の中を歩くということが好きなことに気付いたら、答えはあっと言う間にでた。
とここで、この間行ってきた大滝山自然公園に繋がるわけだ。

携帯電話がiPhone4sになってコンパス機能も完全に復活してGPSも以前よりは正確になったはず。
ということで今日は、iPhoneのアプリEVERY TRAILと一緒に。

d0112801_0361673.pngこのアプリの良いところは歩いたルート・距離・時間はもちろん、その過程で撮影した写真の場所も正確に表示してくれるところである。
しかも手軽に。(言語は英語だが、説明書や使い方を見なくてもあっさり使いこなせた。)

詳しくはコチラで。(是非スライドショーをご覧ください)
写真はすべてiPhone4sで撮影したもの。
個人的にはデジカメの進化にちょっと感動しちゃいました。てか携帯電話なんだけど…。
しかもiPhoneのモニターで見ているとまるでポジフィルムを見てるかのような錯覚にも。
そこそこの画質と手軽さと変わらぬ多機能に乾杯。

時間の無い時こそ、こんな近場でこんな手軽さを連れて自然の中へ。

自然と遊ぶことで、自然を知り、理解し、愛着する。
愛着することによって、自然を守ろうとする意識が芽生える。

- Jhon Muir ジョン・ミューア 1838-1914 -

MY EVERY TRAIL http://www.everytrail.com/view_trip.php?trip_id=1349211
[PR]
by hibi-nani | 2011-11-05 01:11 | Item | Trackback | Comments(0)

JETBOIL ZIP.

ジェットボイル ジップ。
d0112801_2201121.jpg

31才の誕生日プレゼントとして妻からもらったジェットボイルzip。
実は誕生日に妻からストーブをプレゼントしてもらったのはコレで2台目になる。
1台目は言わずと知れたMSRウィスパーライトインターナショナルのガソリンストーブ、もちろんまだまだ現役!というか壊れることを知らない…。
だけど、ちょっとしたトレッキングやピクニックにはポンピングやプレヒート作業がちょいと大袈裟過ぎるような気がして、前々から気軽に使えるストーブを探していたのだ。
もちろんジェットボイルの存在は初代から知っていたし、高評価の声は何度も何度も聞いていた。
しかーし、アウトドア道具というものは決して安くはない。
同じアイテムを2つ持つ余裕も無く、ジェットボイルを横目に他のアイテムを徐々に揃えていくことで精一杯の僕でした。
実はヨダレが出るほど欲しいことを妻は知っていたのだ。ほんとにありがとね*

ジェットボイルZIPの仕様について少し。
ジェットボイル®の高い熱効率はそのままにコッヘルの容量を小型化した軽量・シンプルなモデル。
保温クッカーと熱効率の高いストーブがセットになった簡単便利なアウトドア用調理器具。
クッカーの底のフラックスリングが抜群の熱効率を実現しています。
クッカー側面を覆うネオプレン製のカーゴコジー(カバー)は断熱性が高く、調理中でもクッカーを素手で扱え、ヒートロスも防ぎます。カーゴコジーには、スプーン・フォークなどのカトラリーを差し込んで収納できるポケットも付いています。
カートリッジに装着して転倒を防ぐスタビライザーと、他のクッカーに対応するゴトクが付属します。ジェットボイル®のオプションパーツが使用可能です。

重量407g(ゴトク、スタビライザーを含む)
出力1134kcal/h
容量0.8L(調理容量は0.5L)
サイズφ104mm×高さ165mm(収納時)


とまぁこんな感じ。
ゴトクをセットすれば、いろんなサイズのクッカーも使えるのが嬉しい。
ちなみに、ギリギリまで小型化・軽量化しているために点火装置は無い。
僕が点火の際に使用しているのが、ライトマイファイヤーのファイヤースターター
言わば火打石である。(LIGHT MY FIRE - Swedish FireSteel Scout)
風の有無まったく関係無し。これがまた魔法みたいに火が点いて、石の破片が燃え尽きる様が、幻想的で良い感じである。
面倒臭いようだけど、個人的にこの作業がお気に入り。笑
詳しくはコチラをご覧ください。



つい最近は、運動会の撮影の休憩で使ってみたけど、使い勝手は最高!風が吹いていようがプレヒート無しで一発着火。ずっとウィスパーライトだけを使い続けてきた僕にとって、これほどの感動はありませんでした。(すんごい楽してる気分 笑)
Jさんと行く五能線ぶらり旅にも必ず連れて行くぞー!

軽〜くお出かけする機会が多くなりそうな、そんな道具。

これからはいつでもどこでも一緒である。
[PR]
by hibi-nani | 2011-05-29 23:41 | Item | Trackback | Comments(2)

Principle of practice tool studies - Hobo Jun.

実戦主義道具学2。
d0112801_2219913.jpg

キタキタキタキタキター!!
いやしかし、キターーーーーーーーー!!

ホーボージュンの実戦主義道具学2が
4月8日(木)に全国書店に並びます!!
一語一句こぼさず読ませてもらいます!!
ジュンさん、ほんっとにおつかれさんでした!!

PMA!!

[PR]
by hibi-nani | 2010-04-03 22:29 | Item | Trackback | Comments(2)

iPhone 3GS.

やっぱり天下無双、唯一無二。
d0112801_2317119.jpg

ついに買っちまった!
念願のiPhoneが手の中に!ついついニヤけてしまうのはしようがない。

iPhoneが日本で発表されたのは、今から3年前の2007年1月10日。
待ちに待ったというより、待ちに待ち過ぎた笑
しかし初期よりさらにパワーアップしてる割に、かなりお得に手に入ったのでよしとしよう。(M子ちゃんありがとう!)
ひとつひとつの細かい動作や音が遊び心をくすぐられてしまい、19歳の頃に初めてMacに触り、アップルマークに一目惚れしたのを思い出した。
今や一家に一台の勢いで人の手に渡り、お求めやすい価格で市場に溢れている。

アップルから生まれるすべての製品が "デザイン・センス・遊び心" にとんでいて、全ての製品を触ってみたいという衝動にかられてしまう。
子供の頃にドラクエの新作をいち早く触りたいという感覚に似ているかもしれない。ウズウズ。

d0112801_2352132.jpg1台でなんでもできてしまうのが素晴らしい、あれもこれもいろいろ持たなくともこれ1台でほぼ事足りてしまう。
一番最初に惹かれたのは、3GS新機能のひとつでもあるコンパス。
Googleと提携、GPSで現在地を正確に確認にできて、パソコン同様にピンをドロップして現在地をマークしたり、メールやMMSで共有したりできる。
GPSは今や当たり前と言ってもいい時代だが、なによりコンパスですよ!
コ・ン・パ・ス!
あ〜たまんねぇ〜!笑
おかげさまで恵方巻を正確な方角を向いて家族全員で食べることができました…。

コンパスは使わないようで、あれば以外と助かるもの。
写真を撮る時や星座を眺めたりする時、電波さえあれば道に迷ったときなどの命綱にもなる。
さすがアップルさん、目の付けどころが違います。
ちなみにこのデジタルコンパス機能を使った星座を知る為の最高のアプリを紹介しましょう。
その名も "Star map" である。
iPhoneを空にかざしてビックリ!なんとその方角の星座がすべてわかってしまう。
ニンテンドーDSを我慢していて良かった!汗
iPhoneならいつでもどこでも持ち運ぶことになるので、手軽に天体観測ができちゃいます!
ナイトビジョン用の赤色表示などのマニアック過ぎる機能もたまりません。

とりあえずはこんなところかな。
ここに全てを書くのは無理だし、もうこんな時間なのでおしまい。

天下無双は、3年経った今も変わらずそこに君臨し続けていた。
[PR]
by hibi-nani | 2010-02-06 00:53 | Item | Trackback | Comments(3)

SOREL - ARAPAHO

最近買った靴。
d0112801_071091.jpg

雪国の冬に欠かせないのが、長靴もしくはブーツ。
今年はブーツを一足新調した。

世界中で愛されているウィンターブーツの代名詞とも言われる "SOREL ソレル"

1908年、カナダのオンタリオ州、ウィリアム・H・カウフマン社より誕生した“SOREL”。
当時のカナダでは、「耐久性と快適性の両立」をキーワードにしたウインターブーツの開発は、
まだ進んでおらず、極寒地で暮らす人々に“SOREL”のリリースは 大きな衝撃を与えた。


ソレルと言えば、"カリブー" が一番有名だろう。
フィールドライフ冬号で小雀陣二さんも紹介していた通り、" The original and best." の言葉通り存在する。
「競争相手の開発担当だって持っているブーツ。本当の意味でカリブーを越えるブーツはない」と言う。
実際手にとって履いてみて、その意味が分かったような気がする。
でも、僕にはデカ過ぎた。
サイズの話じゃない、相手の器がデカ過ぎたのだ。
そもそも僕が探していたのは、普段気兼ねなく履ける扱いやすいブーツである。
カリブーは確かに僕の心を鷲掴みにしたが、なんとなく僕はまだその域には達していないような気がして、靴をディスプレイに戻したのであった。

そしてコイツと出会った!
コイツというのは、ソレル - アラパホ
なんといっても履きやすい!
さぁ出かけるぞっ!鍵を手に掴み、サッと履いて雪の降る外へ。
このテンポが目に浮かんだ。
一目惚れ、レジへ向かった笑

d0112801_0251768.jpg

ちょっと真面目に分かりやすく3つの特性を紹介。
左から順番に、これはロゴでお分かりの通りマイナス32℃まで対応できるという意味。
マイナス32℃なんて経験したことは無いが、この数字を見れば秋田の冬の寒さなんてちっぽけにみえてしまう。まさに極寒仕様。
中央、シンサレート(合繊の極細繊維)は軽量で速乾性の高い極薄断熱中綿素材を使用。
繊維の間にたまったデッドエアを効率的にキープする。
一履瞭然。あったか〜い。
最後に右、ウォータープルーフ。
つまり防水加工。
ザフザフ雪に足を突っ込んでも、このロゴの示す通りの機能がこの靴にはある。
だからどんなに寒かろうが、どんなに雪が降ろうが、僕の足下にはお墨付きの安心感があるのだ。

暦の上では、明日から寒さが1年のうちで最も厳しいと言われる大寒に入る。
そんな大寒を前に、頼もしい相棒ができたもんだ。

冬の足下を照らし続けてきた100年の歴史。

It's STANDARD!!

[PR]
by hibi-nani | 2010-01-20 01:31 | Item | Trackback

think green with AIGLE.

d0112801_2341696.gif
d0112801_2343369.jpg
d0112801_2345779.gif
d0112801_2364395.jpg

2009年、AIGLEのテーマである”think green”の理念のもとに、生地・保温材・更にジッパーまで全てリサイクルされた材料でつくられた、オールエコ仕様のアイテム。

サラッと着れそうな感じがグー。子供が生まれてからというものあまり服を買えなくなった僕にとって、リバーシブルは強い味方。是非是非欲しいアイテムである。
まずリサイクルなのが良いね。
普段、ゴミやペットボトルなどの分別には極力気をつけているので、こういった形になって現れるとなんだか嬉しい。
愛着をもって物を大事に扱うということがなによりもエコな気がする。
僕の場合、服をあまり買えないということが一番にあるんだけど、例え穴が開こうが伸びようが着潰すまで着るタイプなので、以前に話した "手間" = "愛着" とはつまり、

("手間" = "愛着") = "エコ" になるのではないか。

面白いことにこれは我が家全員に対して言えること。
ママはもちろん、娘のひよりにもこの血は流れている。
お祝い事や記念日や2ヶ月に一冊くらいのペースで買っている絵本以外で与えるおもちゃはほとんど無く、赤ちゃん時代から使っている物を今も大事にしている。
これはひよりから学んだことなんだけど、ひとつのおもちゃで年齢を重ねる毎の何通りもの遊び方ができるということである。
わざわざ対象年齢にあったおもちゃを買い足さなくても良いということ、ん?つまりはエコに繋がるのではないか。笑
極めつけは、ひよりは自分におもちゃがいっぱいあると思っているのだ。
「ひよちゃんのおもちゃいっーぱいあるもんねぇ!」と本気で言っているのがなんとも可愛らしくて笑えてくる。

ということで、これからも家族3人で "人に地球にあたたかく" いこうじゃないか。

"think green" でいこうじゃないか。d0112801_23501885.gif
[PR]
by hibi-nani | 2009-11-13 23:49 | Item | Trackback | Comments(0)

Blue Ridge Chair Works - The Caravan Chair -

d0112801_23144573.jpg
d0112801_2315638.jpg

Blue Ridge Chair Works  ブルーリッジチェアワークス
古くから高品質家具を作ることで知られているノースカロライナ州。
「心地の良い・革新的・持ち運びのしやすい・耐用性の高い」をモットーにし、プライドを持って高品質の商品作りを取り組んでいる。

実は前回の "焚火's Night" の記事でもチラッと登場しているこのスモールBRチェア。
地面に近くて焚火と同じ目線で座れちゃうロースタイルは、より自然を近くにアウトドアを満喫できそうだな〜と思って以前から目をつけていた。(到着がサマーキャンプに間に合わなくて残念…)
背もたれの角度が丁度星空を眺めるのに丁度良い。実際に星の写真を撮影しに行った時も使用した。
座面と背もたれ面がそれぞれパートに分かれ、座面を背もたれ面に収納するとコンパクトに持ち運ぶこともできる優れもの。
その完成度といったら魅とれてしまう程。
素材はタモ材、野球のバットや高級家具に使われるハードウッドである。触り心地も最高級*

d0112801_2345583.jpg

実はこの椅子、ひよちゃんの大のお気に入りなのだ。
我が家に到着して早々「ひよちゃんのいすぅ〜」になってしまった…汗
今日も大好きなスギッチと一緒に日向ぼっこ*
このスギッチ、可哀想なことにひよりからは「キボッチ」と呼ばれている。笑
スギッチとキボッチ、ん〜、全然違うよなぁ〜。
ちなみにママは「キボッチ" の方がいーよ絶対!笑」と気に入っていた。

この椅子の正式名称は "The Caravan Chair" という名前になっている。
キャラバンと聞くと、秘宝を探しラクダに乗って移住生活する旅人を思い浮かべてしまう。
昼はオアシスを目指し、夜は焚火をして暖をとる。そして一日の終わりに星を眺め、明日の無事をお祈りして眠りにつく。これが僕の想像する、ロマン溢れるキャラバン隊である。

魔法の絨毯や魔法のランプが出てきそうな、そんな魅力と木の温もりに溢れている。

Blue Ridge Chair Works.
[PR]
by hibi-nani | 2009-09-27 00:41 | Item | Trackback | Comments(0)

Gransfors bruks Ab Sweden.

グレンスフォシュ・ブルークスの斧。

d0112801_22382025.jpg

スウェーデンはグレンスフォシュ・ブルークス斧製作所のLarge Splitting Axe(大型薪割り斧)とWildlife Hatchet(ワイルドライフハチェット)が我が家の薪割りには欠かせない道具。
工場生産が多い今、プロの職人が1本1本時間をかけて作られている鍛鉄工芸品。
昔の日本でいう鍛冶屋を想像して欲しい。
"鉄は熱いうちに打て" のまさにそれである。

総勢23名の職人が各自納得のいくものが仕上がった段階で、自らのイニシャルを刻み製品となる。
プロの職人の誇りと責任が堂々と刻印されているように、絶対の自信があるのだ。
実際に使い始めて3シーズン目となるが、全然へこたれないし年を追う毎に深み・渋みが増してきている。
まだ一度も刃を研いでいないにもかかわらず切れ味もまったく変わらない(さすがにそろそろ研いであげないといけないが…)
柄の部分は最高級のヒッコリー材が使われていて、これがまた手触りも良いし、なにより丈夫。
さすがハードウッド、頑丈だ。
そして斧頭にはカッコイイ銀面革のケース付きで、全体の仕上がりはついつい魅とれてしまうほど美しいのだ。

d0112801_2375252.jpg

ちなみに僕が持っている斧はMM、マティアス・マッツソンという年配の職人だった。
作り手の顔が見えるということは、より大切に使おうという気持ちが生まれる(でも刃は研いでいない汗)。
変に痛まない正しい刃の研ぎ方を勉強したら、一生大切に…大袈裟に言えば、次の代に受け継がれていくように研き上げて大切に使い続けていきたい宝物なのだ。

マティアス・マッツソン。

僕が生きている限りあなたに会うことは無いと思うけれど、あなたが大切に作り上げた斧に出会えたことを誇りに憶います。

[PR]
by hibi-nani | 2009-06-28 23:25 | Item | Trackback | Comments(0)


HN : イトウ ヤスフミ   Age : 34


by イトウ ヤスフミ

プロフィールを見る
画像一覧

テキスト翻訳

カテゴリ

全体
Message
Diary
Poem
Item
Movie
Music
Instagram
Work

検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
いとしのラナ*
タヒチ・・・CoCoは南...
Magnum Yoda ...
THE MATERIAL...
Love&Free World
SPECIAL OTHE...
~MPzero~ [コス...
ワイワイ養蜂日記
Beyond - ブログ...
身の丈プライスインテリあん。
BOZEMANのブログ
les presents...
大きな欅の木のそばで
戯山
古着屋チキチキバンバンな日々
ZIPFY EXPRES...
月が昇れば

画像一覧

リンク

Jのマッハパンチ
カメラマン兼デザイナー兼
ナチュラリスト鈴木淳さん
のブログ。オレスタイル!

FINE.THE.TIME
CamCamメンバーG.担当。釣りとスモークをさせたら右にでる者はいないTAGEのブログ。

生キル
自宅兼アトリエを手に入れた一人のタフガイが送るガレージライフ。
これからの彼の生き方に注目です。

ベーヒンblog
ヒンベさんのブログ。日々を綴っております。

HOBODAYS
尊敬するホーボージュンさ
んのブログ。

コバさんのTreeHouseと自由な日々
偉大なツリーハウスクリエーターコバさんこと小林崇さんのブログ。

美豆木 -mizuki-
我が家のコーヒー豆はすべ
て美豆木生まれ。

ZOOZOONET
秋田限定のサーチエンジン
!秋田に関するサイト・及
び秋田にゆかりのあるサイ
トを紹介をしています。

kaiwai
東京吉祥寺WARPを拠点に
活動しているバンド。

music workshop
ヒロ、カズ、スギモリのバンド。Rock!

フィールドライフ
アウトドアの魅力を紹介するフリーマガジン。

BESS
家は暮らしを楽しむ道具。
ログハウスメーカー"ベス"のホームページ。


最新のコメント

久しぶり! ブログをい..
by hibi-nani at 22:23
kyonさん ALSで..
by イトウ ヤスフミ at 23:07
こんにちは. 夜中に数..
by kyon at 18:14
この曲が発売された頃、ラ..
by nujikuzus at 00:35
にゃーん!
by nujikuzus at 00:29
どうもです! サンダー..
by hibi-nani at 22:13
この時期は忙しいし、寒く..
by nujikuzus at 01:56
206号室 たまたま遊..
by hibi-nani at 17:03
Jさん それはJさんで..
by hibi-nani at 17:02
はこきち☆さん ほんと..
by hibi-nani at 17:00
ボーズはどうした!?髪型..
by 206号室 at 22:45
あんなに世話になった優し..
by nujikuzus at 00:33
WMFWさん どうもお..
by hibi-nani at 23:52
お久しぶりです。 お元..
by WMFW at 00:58
日本は本当に強い国だな。..
by nujikuzus at 12:02
keroさん もしかし..
by hibi-nani at 21:34
コメント有り難うございま..
by kero at 11:23
TAGE aka 塗り職..
by hibi-nani at 23:12
あくまで僕個人の話ですが..
by hibi-nani at 23:04
keroさん はじめま..
by hibi-nani at 22:59

最新のトラックバック

銀牙 流れ星 銀 全巻購入
from 銀牙 流れ星 銀 全巻購入
ニュージーランドの元気・・・
from エバーウォーム おしゃれな耐..
忠犬ハチ公の日
from Link Stuff Diary

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
カメラ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30