<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ガーッとやってバーッとやってウマウマ*

食らう。
d0112801_18281665.gif

結婚する前から一緒に暮らしていた僕らは二人揃ってご飯を食べる時間を大切にしている。二人で過ごすようになってからというもの、すっかり料理にハマってしまった。男が飯を作る。僕にとって外で作る料理も家で作る料理も一緒なのだ。

ガーッとやってバーッとやってウマウマ*

今日は僕の得意分野のパスタ料理を紹介しよう。
用意するもの

・パスタ250g(二人前)
・カットホールトマト1缶
・デミグラスソース1缶
・挽肉(牛豚合挽)200g
・たまねぎ(半玉、好きな人は1玉)
・バター
・塩
・ブラックペッパー
・パルメザンチーズ

まずはフライパンをアツアツに、油の代わりにバターを一欠片。
挽肉に塩、ブラックペッパーで下味をつけながらしっかり火を通す。みじん切りしたたまねぎの2/3を入れ炒める。火が通ったらホールトマトを1缶入れ煮込む、すかさずデミグラスソースを入れさらに煮込む。ポコポコいってきたらたまねぎの残りを入れる。たまねぎに軽く火を通し、パルメザンチーズを大量(僕の場合)にいれて完成!この行程を進めながらパスタは茹で時間に合わせ逆算して塩茹でする。パスタをオリーブオイルに絡ませた後、先ほど完成したミートソースをぶっかけてまじ完成!

飯を食うことは生きる上での必ず必要なことの一つ。だったら自分の好きな料理を、自分の好きな味付けで、自分の好きな量を、家でも野外でもとりあえず食うべき!

ガーっとやってバーッとやってウマウマ*
[PR]
by hibi-nani | 2006-11-30 18:33 | Diary | Trackback | Comments(0)

Free Hugs

愛。
d0112801_18303479.gif

ふと、今までの過去を振り返ってみる
どんな人も一人で生きてるつもりが、しっかりと誰かに助けられたりしてる
母親のお腹で育ち、生まれ、みんなに抱きしめられ、可愛がられ、大切に育てられて
たとえ、そうじゃないとしても人間が求める愛とはこんなことじゃないかと思う
大切なのは、大袈裟な作り物や、ブランドや、まやかしではなく
案外こんな事じゃないのか
国境を越えて
現代に必要なこと

まずは、一番身近な人に愛を伝えたいと思った

※下記のURLからご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=vr3x_RRJdd4&eur
[PR]
by hibi-nani | 2006-11-29 18:07 | Message | Trackback | Comments(0)

- The neighbor always having beloved you -

いつもありがとう。
d0112801_18324235.gif

その人が隣にいるだけで、楽しみが増えたりする。

その人が隣にいるだけで、気持ちが落ち着いたりする。

その人が隣にいるだけで、心が素直になれたりする。

その人が隣にいるだけで、空を見上げる回数が増えたりする。

その人が隣にいるだけで、聴く音楽が変わったりする。

その人が隣にいるだけで、笑みがこぼれたりする。

その人が隣にいるだけで、優しくなれたりする。

その人が隣にいるだけで、飾りすぎない自分がいたりする。

その人が隣にいるだけで、おしゃべりになったりする。

その人が隣にいるだけで、晴れの日が増えた気がしたりする。

その人が隣にいるだけで、空気が軽くなったりする。

その人が隣にいるだけで、レンズを向ける方向が変わってきたりする。

その人が隣にいるだけで、休日が充実感でいっぱいになったりする。

その人が隣にいるだけで、仕事も楽しくなったりする。

その人が隣にいるだけで、生まれてきてよかったと思ったりする。

その人が隣にいるだけで、両親に心から感謝するようになったりする。

その人が隣にいるだけで、人生が変わったりする。


そして僕は結婚を決意したりする。
[PR]
by hibi-nani | 2006-11-28 20:37 | Poem | Trackback | Comments(0)

-The day when you change the world-


僕が最近、手にした本。

d0112801_0472758.jpg

1992年の地球サミット(リオデジャネイロ)で、セヴァン=スズキという12歳の少女が「伝説のスピーチ」を行った。環境団体や科学者、政治家がどんなに理屈を重ねても絶対に動かすことの出来ないナニカを、この12歳の少女は持っていると思う。


こんにちは、セヴァン・スズキです。エコを代表してお話しします。エコというのは、子供環境運動(エンヴァイロンメンタル・チルドレンズ・オーガニゼェーション)の略です。カナダの12歳から13歳の子どもたちの集まりで、今の世界を変えるためにがんばっています。あなたがた大人たちにも、ぜひ生き方をかえていただくようお願いするために、自分たちで費用をためて、カナダからブラジルまで1万キロの旅をして来ました。

 今日の私の話には、ウラもオモテもありません。なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身の未来のため。自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損したりするのとはわけがちがうんですから。

 私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子どもたちのためです。世界中の飢えに苦しむ子どもたちのためです。そして、もう行くところもなく、死に絶えようとしている無数の動物たちのためです。

 太陽のもとにでるのが、私はこわい。オゾン層に穴があいたから。呼吸をすることさえこわい。空気にどんな毒が入っているかもしれないから。父とよくバンクーバーで釣りをしたものです。数年前に、体中ガンでおかされた魚に出会うまで。そして今、動物や植物たちが毎日のように絶滅していくのを、私たちは耳にします。それらは、もう永遠にもどってはこないんです。

 私の世代には、夢があります。いつか野生の動物たちの群れや、たくさんの鳥や蝶が舞うジャングルを見ることです。でも、私の子どもたちの世代は、もうそんな夢をもつこともできなくなるのではないか?あなたがたは、私ぐらいのとしの時に、そんなことを心配したことがありますか。

 こんな大変なことが、ものすごいいきおいで起こっているのに、私たち人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。でも、あなたがた大人にも知ってほしいんです。あなたがたもよい解決法なんてもっていないっていうことを。オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのかあなたは知らないでしょう。

どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。

 ここでは、あなたがたは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。でもほんとうは、あなたがたもだれかの母親であり、父親であり、姉妹であり、兄弟であり、おばであり、おじなんです。そしてあなたがたのだれもが、だれかの子どもなんです。

 私はまだ子どもですが、ここにいる私たちみんなが同じ大きな家族の一員であることを知っています。そうです50億以上の人間からなる大家族。いいえ、実は3千万種類の生物からなる大家族です。国境や各国の政府がどんなに私たちを分けへだてようとしても、このことは変えようがありません。私は子どもですが、みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動しなければならないことを知っています。私は怒っています。でも、自分を見失ってはいません。私は恐い。でも、自分の気持ちを世界中に伝えることを、私は恐れません。

 私の国でのむだ使いはたいへんなものです。買っては捨て、また買っては捨てています。それでも物を浪費しつづける北の国々は、南の国々と富を分かちあおうとはしません。物がありあまっているのに、私たちは自分の富を、そのほんの少しでも手ばなすのがこわいんです。 カナダの私たちは十分な食物と水と住まいを持つめぐまれた生活をしています。時計、自転車、コンピューター、テレビ、私たちの持っているものを数えあげたら何日もかかることでしょう。

 2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、私たちはショックを受けました。ひとりの子どもが私たちにこう言いました。
 「ぼくが金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子すべてに、食べ物と、着る物と、薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに。」
 家もなにもないひとりの子どもが、分かちあうことを考えているというのに、すべてを持っている私たちがこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなんでしょう。

 これらのめぐまれない子どもたちが、私と同じぐらいの年だということが、私の頭をはなれません。どこに生れついたかによって、こんなにも人生がちがってしまう。私がリオの貧民窟に住む子どものひとりだったかもしれないんです。ソマリアの飢えた子どもだったかも、中東の戦争で犠牲になるか、インドでこじきをしてたかもしれないんです。

 もし戦争のために使われているお金をぜんぶ、貧しさと環境問題を解決するために使えばこの地球はすばらしい星になるでしょう。私はまだ子どもだけどこのことを知っています。

 学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は私たちに、世のなかでどうふるまうかを教えてくれます。たとえば、
 
・争いをしないこと

・話しあいで解決すること

・他人を尊重すること

・ちらかしたら自分でかたずけること

・ほかの生き物をむやみに傷つけないこと

・分かちあうこと

・そして欲ばらないこと


 ならばなぜ、あなたがたは、私たちにするなということをしているんですか。

 なぜあなたがたがこうした会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。そしていったい誰のためにやっているのか。それはあなたがたの子ども、つまり私たちのためです。あなたがたはこうした会議で、私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているんです。 親たちはよく「だいじょうぶ。すべてうまくいくよ」といって子供たちをなぐさめるものです。あるいは、「できるだけのことはしてるから」とか、「この世の終わりじゃあるまいし」とか。しかし大人たちはもうこんななぐさめの言葉さえ使うことができなくなっているようです。
おききしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。

 父はいつも私に不言実行、つまり、なにをいうかではなく、なにをするかでその人の値うちが決まる、といいます。しかしあなたがた大人がやっていることのせいで、私たちは泣いています。あなたがたはいつも私たちを愛しているといいます。しかし、私はいわせてもらいたい。
 もしそのことばが本当なら、どうか、本当だということを行動でしめしてください。

 最後まで私の話をきいてくださってありがとうございました。

 
僕は確実に心の中にナニカを貰った。
[PR]
by hibi-nani | 2006-11-27 17:45 | Message | Trackback | Comments(0)

僕らの道 - Our Life -

二人で一人前が丁度良い。
d0112801_18344041.gif

「結婚して何か変わった?」

最近よく聞かれる質問。その度に、「んー何か変わったかなぁ?」だ。
僕たちが結婚する前から話していたことがある。それは

「結婚しても今のまま、変わらずにいられたらいいなぁ」だ。

もちろん「今」の自分よりは成長していかなければならないけど、それ以外の自分は変えたくないし、変わりたくもないし、変えられないと思う。

僕は亭主関白という言葉がとにかく嫌い。確かに憧れ意識をもったこともあった。男ならやっぱこれ!俺についてこい!女は男の一歩後ろを歩くもんだ!お茶!あれ持ってこーい!これやれー!などなどなど…でもなんか今は嫌い。すげーカッコ悪くみえる。
自分が今欲してることは自分でやるし、どうしても手が離せない時はありがとうって言う。日常の会話も大切にしたい。自分だっていつも助けられてんだ、その分オレが助けてやる!

これ当たり前の事でしょ?

僕らの場合、共働きだから尚更だ。どっちかが疲れて帰ってきたらそれを察して笑いたいし、家事もできるだけ二人でする。彼女が休みの時は彼女が料理を作って片付けは僕がする。逆の場合も同じ。
平等でいたい。大黒柱だから俺が上に立つ!なんてことは昔々のお話。お互い同じ人間なんだから上も下もあるか。彼女が不得意な分野だったら引っ張ってあげる。彼女が得意な分野なら心から信じてついていく!

そう、僕は平等でいたいのだ!

これから一生一緒に生きてくわけだし、子供もできるかもしれない。子供のためにも二人仲良く二人で一つ!
つまり、自分一人で成り立つわけがないのである。だからこその夫婦だとも思う。

「俺についてこい!」

言葉に出すんじゃなく大切な人のために、これを内側から出せる男に僕はなりたい。

道はまっすぐ変わりなく。
[PR]
by hibi-nani | 2006-11-27 16:58 | Message | Trackback | Comments(0)

絆 -A Bond-

焚火と星の関係は昔々。
d0112801_18364360.gif

2006年11月26日。
はじめましてイトウ ヤスフミと申します。


ここ秋田に生まれ育ち、一度は上京したものの自分が骨を埋める地はここでは無い事に気付き、再び秋田をホームタウンにして充実した生活を送っております。

故郷に帰り自然の大切さ・偉大さを改めて痛感し、大切にしていこうと心に決めた。
地球規模で見下ろした小さな僕になにができるのか?
それは個々の責任感の積み重ねだと思う。
あまり肩に力を入れず自分にできる、できる限りのことはしていきたいと思う。
例えば、「絶対に街や自然にゴミを捨てない」 …つまりポイ捨て。
たったそれだけのこと。
これを100人実行したら?1000人?1000000人だったら?

温暖化も今に始まった事じゃないので、そこまで神経質になる事は無いと思う。
でも、必要なものと無駄なものの判断は正確にね。
ストップ!
なんてまず出来やしないが、時間稼ぎはしようじゃないですか。

さて!上の写真から遠ざかったところで本題。

秋のピィーンと張りつめたどこか懐かし切なげな空気が僕は好きなのだ。メンソールと冷たい空気のコラボで煙草もうまい!
夏のキャンプも大好きだけど、最近じわじわ秋のキャンプやBBQもいいなぁ〜って感じてる。だって焚火が似合うでしょ!食欲が増すでしょ!空気が澄んでるから星の瞬きもいつもとなんかどっか違うでしょ?
着込んで着込んでほんのり寒い中、あったかぁ〜い飯とあったかぁ〜いドリンク(酒?いーねー♪)なんてどうよ?

そこにピンポイント、焚火先輩!

やべー!
ランタンなんか消してしまって僕ら人類の祖先がずっ〜と昔からみてきた光景を現代に繋げてみたら?

そこには遠い遠い絆が生まれることでしょう!
[PR]
by hibi-nani | 2006-11-26 15:26 | Message | Trackback | Comments(0)


HN : イトウ ヤスフミ   Age : 34


by イトウ ヤスフミ

プロフィールを見る
画像一覧

テキスト翻訳

カテゴリ

全体
Message
Diary
Poem
Item
Movie
Music
Instagram
Work

検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
いとしのラナ*
タヒチ・・・CoCoは南...
Magnum Yoda ...
THE MATERIAL...
Love&Free World
SPECIAL OTHE...
~MPzero~ [コス...
ワイワイ養蜂日記
Beyond - ブログ...
身の丈プライスインテリあん。
BOZEMANのブログ
les presents...
大きな欅の木のそばで
戯山
古着屋チキチキバンバンな日々
ZIPFY EXPRES...
月が昇れば

画像一覧

リンク

Jのマッハパンチ
カメラマン兼デザイナー兼
ナチュラリスト鈴木淳さん
のブログ。オレスタイル!

FINE.THE.TIME
CamCamメンバーG.担当。釣りとスモークをさせたら右にでる者はいないTAGEのブログ。

生キル
自宅兼アトリエを手に入れた一人のタフガイが送るガレージライフ。
これからの彼の生き方に注目です。

ベーヒンblog
ヒンベさんのブログ。日々を綴っております。

HOBODAYS
尊敬するホーボージュンさ
んのブログ。

コバさんのTreeHouseと自由な日々
偉大なツリーハウスクリエーターコバさんこと小林崇さんのブログ。

美豆木 -mizuki-
我が家のコーヒー豆はすべ
て美豆木生まれ。

ZOOZOONET
秋田限定のサーチエンジン
!秋田に関するサイト・及
び秋田にゆかりのあるサイ
トを紹介をしています。

kaiwai
東京吉祥寺WARPを拠点に
活動しているバンド。

music workshop
ヒロ、カズ、スギモリのバンド。Rock!

フィールドライフ
アウトドアの魅力を紹介するフリーマガジン。

BESS
家は暮らしを楽しむ道具。
ログハウスメーカー"ベス"のホームページ。


最新のコメント

久しぶり! ブログをい..
by hibi-nani at 22:23
kyonさん ALSで..
by イトウ ヤスフミ at 23:07
こんにちは. 夜中に数..
by kyon at 18:14
この曲が発売された頃、ラ..
by nujikuzus at 00:35
にゃーん!
by nujikuzus at 00:29
どうもです! サンダー..
by hibi-nani at 22:13
この時期は忙しいし、寒く..
by nujikuzus at 01:56
206号室 たまたま遊..
by hibi-nani at 17:03
Jさん それはJさんで..
by hibi-nani at 17:02
はこきち☆さん ほんと..
by hibi-nani at 17:00
ボーズはどうした!?髪型..
by 206号室 at 22:45
あんなに世話になった優し..
by nujikuzus at 00:33
WMFWさん どうもお..
by hibi-nani at 23:52
お久しぶりです。 お元..
by WMFW at 00:58
日本は本当に強い国だな。..
by nujikuzus at 12:02
keroさん もしかし..
by hibi-nani at 21:34
コメント有り難うございま..
by kero at 11:23
TAGE aka 塗り職..
by hibi-nani at 23:12
あくまで僕個人の話ですが..
by hibi-nani at 23:04
keroさん はじめま..
by hibi-nani at 22:59

最新のトラックバック

銀牙 流れ星 銀 全巻購入
from 銀牙 流れ星 銀 全巻購入
ニュージーランドの元気・・・
from エバーウォーム おしゃれな耐..
忠犬ハチ公の日
from Link Stuff Diary

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
カメラ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30