<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

I come by all means if I believe it.

両手を自由に。

d0112801_2211113.jpg

"目の前にこの人がいる 信じられなくて鳥肌が立った この人の前に立つと自分がすごくちっちゃく思えた"

前回の日記で「仙台行ってきます」と言い放った僕。
実はその時点で「サスライのススメ2 ~世界最南端のトレイルを歩く~ in パタゴニア仙台」の予約は取れていなかった。
というか電話予約したけど、立ち見でさえ定員オーバーで断られたのだ。
それでも行くと言い放った訳は、"行ったらなんとかなりそう" な気がしたから。

上の写真を見て下さい!
…行ったらなんとかなった!笑
ジュンさんの言葉を信じて良かった。

オープニングはKemuriのIn the perfect silenceで始まった。
すっげー鳥肌!
じわじわと沸き立つ震え、過去の写真の数々、最高!
オープニングPVが欲しい!

d0112801_22323815.jpg

念願の写真もカラーの大判スクリーンで観ることができた。
ジュンさんの写真はリアルに伝わる、ガツンとくる。
写真に欲が無いような気がする。
さすがは元フォトグラファー、そのままの現状をリアルに伝える素晴らし過ぎる写真の数々。

スライドを前に、完全に僕の動きは止まっていた。

d0112801_22455591.jpg

これは実際にジュンさんが使っている道具達。
僕が真っ先に手にとったのは 「おこりんぼストーブ」笑
すごく使い込まれていて傷がたくさん付いていたけれど、それがものすごく綺麗に見えた。
この人の道具に対する愛情はハンパ無い、無駄無く考え込まれ選ばれた道具達は本当に幸せだろう。

改めてホーボージュンという男の凄さを知り、改めて尊敬させてもらうことにした。

d0112801_22531989.jpg

さすらうなんてカンタンだ
靴ヒモをギュッと締めたら
後ろ手で "バタン" と "扉" を
閉じればいい。

まずは宇宙色を探す旅に出よう。
[PR]
by hibi-nani | 2009-05-30 23:14 | Message | Trackback | Comments(0)

Fin del mundo@patagonia store.

パタゴニアの風。

d0112801_17564783.jpgさすらうなんて簡単だ。靴紐をギュッと締めたら、後ろ手でパタンと玄関を閉じればいい…。
昨年のスピーカーシリーズで大好評を博したあの「サスライ」が帰ってきます!スピーカーはお馴染みのホーボージュン。今回はこの春にサスラってきた南米パタゴニアの「世界最南端のトレイル」の報告を中心に、バックパッキング旅の楽しさとノウハウを伝授します。南緯55度06分。世界67億人の誰よりも南にテントを張り、たき火を起こして想ったことは…。
「いつかサスライたい」あなたの魂に、今年もまた点火します。
(パタゴニア直営店:ストアイベントより)






5月29日パタゴニア仙台店にジュンさんが来る!
今月のBe-palからスタートした新連載「fin del mundo〜世界最南端のトレイルを歩く」の記事は残念ながらモノクロだった…。
是非カラーで写真が観たい!
生の声を聞きたい!

ということで、仙台行ってきます!
[PR]
by hibi-nani | 2009-05-26 18:15 | Diary | Trackback | Comments(0)

Hiyo & Rico.

ふたりのチビコのはなし。

d0112801_23312712.jpg

5月10日、いとこの璃子ちゃん一家と大森の芝桜フェスタに行ってきました。
18万株の芝桜を植栽しているらしく、まさに花のジュウタン!
100円の入場料でシールを受け取り、芝桜フェスタ開催中は自由に入場できるみたい。
そのシールは、ふたりのほっぺにペタッ!

d0112801_23324360.jpg

2ヶ月ぶりに会ったひよりと璃子、最初は戸惑い気味だったけどだんだん仲良しになりました。
まだ、まともな会話はできないけれど、意思疎通はなんとなくできているみたい。
手を繋いで走り回っている姿は、まるで双子のようで可愛かった*
しかもお揃いの服を着て!笑

d0112801_23332830.jpg

公園内にはヤバメなおもしろいおじさんがいて、大きいシャボン玉や細かいシャボン玉をたくさんつくったりしていて、周りには子供がたくさん!
みんな楽しそうでした*

d0112801_23335162.jpg

ひよりと璃子も危険な気さくなおじさんと一緒にシャボン玉で遊ばせてもらいました。
ひよりはシャボン玉よりもおじさんに警戒の鋭い眼差し!笑

d0112801_042257.jpg

しかし璃子は元気元気!
一定の場所に落ち着くこと無く、走り回ったり興味津々で楽しそう!
特に空飛ぶ鳥を発見したときの興奮といったらない!笑
鳥が好きなのだろう、ひよりが着ていた服の柄の中にも鳥を発見!

「トットー!」

このリアクションは一見の価値有りです。
※特にすれちがいざまのトット…。

d0112801_23341482.jpg

ふたりともまだ小さいから遊べる遊具は限られちゃうけど、もう少し大きくなったらもっと楽しいんだろうなきっと。

d0112801_23343079.jpg


やっぱり子供は外が一番似合う!

このふたりのチビコがこれからどう成長していくのか、楽しみでしようがない。
[PR]
by hibi-nani | 2009-05-20 00:38 | Diary | Trackback | Comments(0)

Aomori World Nature Estate Shirakami.

またアオーネ!ウェスパー伊藤。

d0112801_21494243.jpg

見えてきたのはトナカイの外灯。
カワイイよねこれ*
向かった先は、アオーネ白神十二湖(旧サンタランド白神)。
平成20年10月より施設名が変わったらしいけど、なんだかよくばり過ぎじゃない?笑
アオーネの名称の由来には、世界自然遺産の白神山地は秋田のモノじゃなくて青森のモノだよという意味が含まれているらしい…んーどうでもいい。

そんな細かいことにこだわるより日本にあるという意味合いで誇りを持ってほしい。

d0112801_2235850.jpg

続いては、橋の両脇でサンタがお出迎えー!
ワーイって…、コワイよねコレ…。
目どーなってんだっ!?
子供が見たらプレゼントどころか、泣いて逃げ出しそうな感じ(特に夜なんか)笑

d0112801_2255794.jpg

施設内には、たくさんの遊具があって、ひよりもとっても楽しそう*
最初は戸惑っていたけど、慣れてくると自ら遊具に絡んでいたのが嬉しかった。
滑り台では思いっきり頭を打って泣いたけど、楽しそうに遊んでいたよ。

ちなみに上の写真のひよりの顔が "豆粒" みたいでかなり気に入っている。

d0112801_22142311.jpg

ヤギさんに緑の葉っぱをあげたよ*
むしゃむしゃ食べてくれたね。
ひよりはちょっと腰が引き気味でした。
メェ〜〜〜。

遊具広場の他には、コテージや工房、レストラン、温泉施設などがある。
ガイド付きのトレッキングプランなんかもあるそうです。
なんでも完備されているので家族連れには良さそうな場所だろーなー。
ま、またアオーネ…!

アオーネで遊んだ後は、次の目的地のウェスパ椿山に向かうため車を走らせた。
こちらもコテージ、工房、レストラン、温泉施設、トレッキングなどが楽しめる。
やっぱり家族連れには快適に遊べる施設になっていた。
まずはスロープカーに乗り展望台へ。
ゴールデンウィーク中ともあり車内は満員!

d0112801_22565647.jpg

ウェスパ椿山を見下ろしながら、ぐんぐん昇って行きます。
ぽっこりみえるのが椿山*

d0112801_2391114.jpg

頂上に着くと風車があり、こんな感じ。

今日の雲はいいね*

展望台からは、日本海から白神山地までぐるーっと見渡すことができる。
とにかく天気が良かったので、男鹿半島まで見ることができたのがグー!

d0112801_2217399.jpg

ひよりは景色よりガラスについている黄色い三角に夢中…。

あっ、さんかくぅ〜!
ひっちゃん、他にみるところいっぱいあるよー。

そして、この階を更に階段で上ると外に出ることができる。

d0112801_23133921.jpg

ぽかぽか陽気で、ひよりもご満悦でございます。
パパの真似をして座っちゃいました。
帰りのスロープカー内では向かいのおじさんが腕を組んでいるのを真似して腕を組みながら降りて行くひよりちゃんでした。(写真はもちろん無い 笑)

d0112801_23235936.jpg

次は僕が一番行きたかった昆虫館へ。
カブト小僧 ビートルくんの脇からチラッ。

中に入ると世界中のカブトムシやクワガタが、うごめいているのだ。
おー!カッケーこいつ!あっヘラクレスだー!
と騒いでいるのは、もちろんひよりでもママでもなく、僕だけ。
そういえば小学校の時、リーダー講習会という各小学校から何人かの子供達が集うキャンプにて、僕がせっかく捕まえたミヤマクワガタをテント内の虫カゴから何者かに盗まれていた…。誰だーコノヤロー!どんなリーダーだよ!笑
今からでも遅くない、盗んだ奴ご一報を。

d0112801_23174091.jpg

でっかいカブトムシがいたので、試しにひよりを背中に乗せてみるとこんな感じ。

ママー!あっこー、あっこー!あっこしてーっ!(ダッコ)

ひっくり返って、もがいているクワガタを見てもコワイー!と言いながらママにくっついていました。
どうやら虫が嫌いみたい。

d0112801_2347265.jpg

でも、お絵描きは大好き*
この日書き終えた作品はしっかりファイルしておいたので、大きくなったら写真と一緒に見せてあげることに決めた。

その時は、この日あったいろんな出来事も添えてお話することにしましょう。
[PR]
by hibi-nani | 2009-05-10 00:08 | Diary | Trackback | Comments(4)

The season of new green leaves.

新緑の候。

d0112801_22505445.jpg

5月6日、快晴。
今日はママとひよりと3人でお出かけ。
国道101号線に乗り、左手には日本海、右手には平成5年に日本初の世界自然遺産に登録された白神山地を眺めながら青森に向かった。
まずは十二湖、青森県西津軽郡岩崎村にある津軽国定公園。
十二湖の名前の由来は、面積が1万平方メートル以上の湖沼が12あるとか、東部の崩(くずれ)山の上から見ると12の湖沼が見えることからつけられたというけど、さだかではないみたい。
なかでも有名なのが上の写真にある青池。
名前の通り、水が青く輝いているのだ。スゲー!
水中には枯れたブナが横たわっているのが見え、神聖な空気が漂っていた。
さすが白神山地の麓だけある。

d0112801_2361632.jpg

ブナやミズナラの広葉樹に囲まれて進む遊歩道。
この時期の広葉樹の新緑はやっぱりいいね*
薪ストーブを焚くようになってからというもの、木の樹皮にも目がいってしまう。
あっナラだ!カツラだっ!
天気も良く、空気も澄んでいて最高でした!
ただひとつ、十二湖の水面に浮いている枯葉の多さに残念。

d0112801_23113239.jpg

みんなで出かけても写真を撮るのはいつも僕なので、写真が1枚も無い…ってのはいつものこと。
今回はママに撮ってもらった貴重な1枚!笑
ひよりが最近ハマっている、ハイ、ピーズ!

d0112801_23152010.jpg

続いて白神山地に抱かれる大断崖、日本キャニオン。
浸食崩壊によって(?)山の斜面の白い岩肌がむき出しになったこの外観がアメリカ合衆国コロラド高原のグランドキャニオンを思わせることから昭和28年10月22日、当地を訪れた探検家岸衛氏によって名付けられたという。
どこか日本離れした光景。
今回は遠目からだったけど、迫力は伝わるでしょうか?

さてと、車に乗り込んで次の目的地を目指そう!

d0112801_23462595.jpg

って、ひっちゃん乗る場所が違うよー!
チャイルドはチャイルドらしくチャイルドシートに乗りなさいっ!

そして僕らは、十二湖を後にした。
[PR]
by hibi-nani | 2009-05-08 00:01 | Diary | Trackback | Comments(2)

What is the meaning to camp alone? -Last Episode-

最終話  十有五にして "自然" に志す。 

d0112801_2254642.jpg

写真を撮り終えテントに戻ると、コーヒーを入れ、本を読み始める。
しばらくするとクラクションの音が聞こえ、ママとひよりが遊びに来た。
二人の顔をみるとついつい顔がニンマリしてしまう。

いらっしゃい。

d0112801_2244160.jpg

テントに入るなり、ひよりはテンション高めではしゃいでいた。
初めてのテントがおもしろくないはずが無い。
一人もたまにはいいが、やっぱり家族三人でいる幸せは何にも代え難い大切な時間だと感じた。

ひよりは外に出るなり手頃の木の枝を拾って振り回している。
んー、子供にぴったりの絵だね*

d0112801_2301847.jpg

子供は外で遊ぶのが楽しくてしようがないのだ、歩きながらいろんな石や葉っぱを拾っては投げ、ずーっとなにかの歌を歌いながらニコニコしているのでした。
ちょっと休憩〜*
ベンチに腰をかけて、足をブラブラさせながらまだ歌っています笑

d0112801_2354915.jpg


ちょっと恐い…けどママと一緒なら安心だね♪(ドジだけど)

d0112801_2395584.jpg


滝の迫力に負けて腰を抜かす瞬間のひよりちゃん笑
初めて見る滝は、ものすごく大きかっただろう。

d0112801_23152557.jpg

言葉ではなく身をもって感じるということは、大人も子供も関係なく、むしろ子供の方が先入観無しに素直に感じ、受け止めることができると思う。
まずはどんどん自然のものに触れる機会を与えてあげようと思った。
だって、ひよりが自然の中でこんなにも楽しむことができるとは!
もう少しだけ大きくなったら、家族三人で外で生活をしてみようかな。
きっと楽しいに決まっている。
考えただけでもニヤけてしまう。

知識優先では無く、そこで経験し生まれた疑問や経験を初めての知識に変えればいいのだ。

その日が来るまで、僕はまた一人でどこかに出かけようと思っている。

ひよりが気軽に楽しむことができるように、まずは自分を鍛えることから始めよう。


今日という日は、明日を迎えるための準備に過ぎない。
[PR]
by hibi-nani | 2009-05-05 23:46 | Diary | Trackback | Comments(4)

What is the meaning to camp alone? -Episode 4-

第4話  マニュアルな生活。 

d0112801_22352072.jpg

4月29日 快晴 

あまりの寒さで目覚める。
時刻は6時8分。
テントのディフーザーによって柔らかい光が注いではいるが、吐く息が白いのに気付く。
滝の音に混ざって、朝を知らせる鳥達の声が聞こえてくる。

携帯の目覚ましをセットしておいたが、寒さで電池が切れていた。
ついでに言えば、カメラバッグに入れた状態で、カメラの電池も無くなりレンズも本体も結露していた。
もぞもぞと寝袋から這い出し、ストーブに火をつけてお湯を沸かしコーヒーを入れる準備にかかる。

d0112801_22564115.jpg

テント内にコーヒーの香りが充満し、ひとくちすする度に目が冴えてくる。
外に出ると、朝日が眩しくて顔をしかめた。
なんて清々しい朝なんだ、こんな朝を迎えるのは久しぶりのことである。

コーヒーを飲み終えると、三脚とカメラを担いで外へ。
玄関を開けたらそこには被写体が広がっているのだ。

d0112801_2326918.jpg


感度50、レンズは絞り過ぎない程度に絞り、マニュアルでピントを合わせ、ミラーアップし、レリーズでシャッターを切る。

d0112801_23422086.jpg
        Canon EOS 5D ISO50 f16 2秒

このリズムだ…。
こんなのんびりした時間が恐ろしく僕にぴったりハマった。
普段は忙しい撮影に追われ、1回の撮影でシャッターを最低100回は切ることが多い。
マニュアルでピントを合わせることなんて皆無に等しい。

デジカメで撮影するようになってからというもの、久しぶりに "1枚" を記録したような気がした。

ふと、写真家 小川勝久さんの言葉を思い出した。

「デジタルカメラにゴミ箱なんていらないんです」

d0112801_23524890.jpg

これが昨日今日と散々周りの音を掻き消していた大滝。
標高差11mと小振りだが、近くで生活しているとウルサイ笑

マニュアルな生活。

不便で片付けられそうだが、ゆっくり物事を感じることができ、考える時間を持つ余裕が生まれた。

普段の生活もマニュアルでピントを合わせることによって、
また違った世界が見えてくるのかもしれない。

[PR]
by hibi-nani | 2009-05-03 00:23 | Diary | Trackback | Comments(0)

What is the meaning to camp alone? -Episode 3-

第3話  夜の自由時間。 

d0112801_22171633.jpg

テント内はこんな感じ。
MSRウィスパーライトインターナショナルストーブはテント内では暖房器具となる。
これが癖になりそうなくらい気持ちいい*
しかし、ひとりにしてはこのテントは大き過ぎる…。
もともと友達と大勢でキャンプすることを目的に買ったもの。
こんな日はマウンテンハードウェアやジュンさんのホーボーズ・ネストザ・ノース・フェイス/ビッグファットフロッグ24あたりにサーマレストのマットなんて最高なんだろうなぁきっと。
ついでに最近気になるのがニーモ/モルフォAR。名前はモルフォ蝶からとったものなのか名前が良い。デザイン・機能性共に僕の中では満点のテントな気がする。(実際使ってみないとわからないが…あと値段も結構お高い…)

夜の明るさを知ったせいか、キャンドルランタンひとつで本を読むことができるくらいの明るさがとれた。
これはすごく重要。
なにせ今回の目的のもうひとつは、"本を読みに行く" ということだったので、ランタンを持っていない僕にとっては、こうでなければ目的が達成できないことになるからである。

目先のことにとらわれない自由な時間を手に入れた。

何冊かの本をペラペラと読みふけるコレ幸せ。
良い時間だ、来て良かった。

こうしてこの日は地球とひとつになり眠りに落ちた。
[PR]
by hibi-nani | 2009-05-01 23:26 | Diary | Trackback | Comments(0)


HN : イトウ ヤスフミ   Age : 34


by イトウ ヤスフミ

プロフィールを見る
画像一覧

テキスト翻訳

カテゴリ

全体
Message
Diary
Poem
Item
Movie
Music
Instagram
Work

検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
いとしのラナ*
タヒチ・・・CoCoは南...
Magnum Yoda ...
THE MATERIAL...
Love&Free World
SPECIAL OTHE...
~MPzero~ [コス...
ワイワイ養蜂日記
Beyond - ブログ...
身の丈プライスインテリあん。
BOZEMANのブログ
les presents...
大きな欅の木のそばで
戯山
古着屋チキチキバンバンな日々
ZIPFY EXPRES...
月が昇れば

画像一覧

リンク

Jのマッハパンチ
カメラマン兼デザイナー兼
ナチュラリスト鈴木淳さん
のブログ。オレスタイル!

FINE.THE.TIME
CamCamメンバーG.担当。釣りとスモークをさせたら右にでる者はいないTAGEのブログ。

生キル
自宅兼アトリエを手に入れた一人のタフガイが送るガレージライフ。
これからの彼の生き方に注目です。

ベーヒンblog
ヒンベさんのブログ。日々を綴っております。

HOBODAYS
尊敬するホーボージュンさ
んのブログ。

コバさんのTreeHouseと自由な日々
偉大なツリーハウスクリエーターコバさんこと小林崇さんのブログ。

美豆木 -mizuki-
我が家のコーヒー豆はすべ
て美豆木生まれ。

ZOOZOONET
秋田限定のサーチエンジン
!秋田に関するサイト・及
び秋田にゆかりのあるサイ
トを紹介をしています。

kaiwai
東京吉祥寺WARPを拠点に
活動しているバンド。

music workshop
ヒロ、カズ、スギモリのバンド。Rock!

フィールドライフ
アウトドアの魅力を紹介するフリーマガジン。

BESS
家は暮らしを楽しむ道具。
ログハウスメーカー"ベス"のホームページ。


最新のコメント

久しぶり! ブログをい..
by hibi-nani at 22:23
kyonさん ALSで..
by イトウ ヤスフミ at 23:07
こんにちは. 夜中に数..
by kyon at 18:14
この曲が発売された頃、ラ..
by nujikuzus at 00:35
にゃーん!
by nujikuzus at 00:29
どうもです! サンダー..
by hibi-nani at 22:13
この時期は忙しいし、寒く..
by nujikuzus at 01:56
206号室 たまたま遊..
by hibi-nani at 17:03
Jさん それはJさんで..
by hibi-nani at 17:02
はこきち☆さん ほんと..
by hibi-nani at 17:00
ボーズはどうした!?髪型..
by 206号室 at 22:45
あんなに世話になった優し..
by nujikuzus at 00:33
WMFWさん どうもお..
by hibi-nani at 23:52
お久しぶりです。 お元..
by WMFW at 00:58
日本は本当に強い国だな。..
by nujikuzus at 12:02
keroさん もしかし..
by hibi-nani at 21:34
コメント有り難うございま..
by kero at 11:23
TAGE aka 塗り職..
by hibi-nani at 23:12
あくまで僕個人の話ですが..
by hibi-nani at 23:04
keroさん はじめま..
by hibi-nani at 22:59

最新のトラックバック

銀牙 流れ星 銀 全巻購入
from 銀牙 流れ星 銀 全巻購入
ニュージーランドの元気・・・
from エバーウォーム おしゃれな耐..
忠犬ハチ公の日
from Link Stuff Diary

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
カメラ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31