タグ:ログハウス ( 19 ) タグの人気記事

natuLIFE.

住むというスタイル提案。
d0112801_1511208.jpg

少しばかり「住む」ということについて考えてみる。
どんな住宅であっても住み手によって様々な価値観や色や生活がある。
また、建物でいうと様々な形やスタイルがある。
一概に正解など無いけれど、本当に自分の住みたい生活を送れているかどうかが大切になってくると思う。
つまり注目すべきは、土地の広さや住宅の大きさや庭の広さなどではなく、ライフスタイルかもしれないのである。


ひとつのアイデアとして…

①そもそも自分の住む家は自分で建てた方が良い。
②自分の生活スタイルに合わせて自由に設計をした方が過ごし易い。
③失敗や破損すら味や想い出になる。
④自分で建てた家なら自分で直すことができる。
⑤愛着が湧く上で大切にしようとする。
⑥心から住むことができている。



は、実際に無理なのはもちろんわかってはいるけれど、そういう気持ちでいることが重要ではないかということ。
家のことが手に取るようにわかるのは住んでいる人だからこそ。無関心は恐ろしい。
人に建ててもらっているという気持ちが強過ぎると、不備があったときに文句しか考えないし、それしか言うことができない。
これでは楽しく暮らせない。

難しい建築でなくても、例えばただの「箱」だとすれば、足りなくなった時に足せば良い。どんどん手を加えることができる。(最初のコストを抑えているからできることや、こういったことを自分の手で行っている国もあるという事実も知ってほしい。)
果たして廊下は必ずしも必要なのか?広いエントランスは必要か?テラスはどう?吹き抜けは?もちろん必要な人も居るし、そうでない人もいる。正解を見つける必要もないけれど、重要なのは自分が必要かどうかを自分自身が知るってこと。
だって素人相手にこれで良いのだとお金を踏んだくる業者もいるかもしれないでしょ。

おもしろいことに、自分がした失敗であれば、これで良いのだとくるりと置き換えることができてしまう。ここが壊れても家は崩壊しないというところ。

④⑤少なくとも自分が関わっていると、直す術がわかっていく。
家を最大の道具と考えることができたなら、自分の大事な道具のひとつにしてしまう。
できる範囲のメンテナンスは自分でしてしまおうとする気持ちが少しでもでてきたら、僕はスゴイと思う。
我が家も薪ストーブの煙突掃除は自分でやっているが、普通なら業者にお願いしても良いレベルだとも思う。そして扉やなにかが壊れても極力は自分で直すことにしている。
人間のスゴイところは習得していく力があるってことだ。
ここだけの話、そんなに重要でなく後々に張り替えることができる箇所であれば放っておくこともする…笑

なによりもこれが一番重要。
さっきの放っておく話の続きではないが、ハッキリ言って人目は気にしないし、見栄も張りたくない。
心から楽しむにはこれしかないでしょ。

物の贅沢より心の贅沢を大切に。

心の贅沢はその人自身のものなので、必要最低限を取り入れることができる。他人への見栄が入ると本当に必要なものも隠れてしまって、結局は余計な物が増えてしまうのだ。
小さい家で十分だとも決めつけはしないが、土地があるからといって家を大きく造るだけではなく、もっと遊び心を取り入れて、森のような庭にして家を包んであげるのも一つの提案かもしれない。
そして子供と一緒にその庭でテントを張って住んでみたりとかね。

せっかくファッションや音楽や乗り物に気を使っているのに、それを「住む」ということに気持ちを向けないのはもったいない。
確かにそれにはお金がかかる。しかし、なにもお金をかけるだけが正解ではないし、まずは人生をかけて考えてみればいろいろなアイデアや、まずやってみようという気持ちになるかもしれない。
自分なりのスタイルと落ち着く空間に仕上げるには、やはり心のゆとりが必要なのか。

これはあくまでも僕自身の見解だけど、「自然を愛するという直接的な見返りのない姿勢や、心のゆとりが大切だと本気で思っている。そして、流行に左右されず自分の色を見出していければ大成功」である。

つまりは、これからどんな良い家を建てるかではなく、これからどう暮らしていくかが重要。

まだまだスタート地点に立ったばかりなのだ。
[PR]
by hibi-nani | 2013-03-20 15:12 | Message | Trackback | Comments(0)

In the house of oneself, oneself can do as oneself would like.

自分達の家は、自分達の好きなように。
d0112801_2283544.jpg

黙々と塗り続けるちっちゃい塗装屋さん、すっかり職人顔をしています。
仕事はムラムラに仕上がっていますが、あくまで途中経過。
そして、心意気だけは誰にも負けません。
ひよりはいつも少しでも手に付いたらそこで終了していたが、今日は手袋をつけているので長続きしている方である。
おかげでかなり良い仕上がりになりそうだよ。ありがと♪

なにを作っているかというと…

d0112801_22172786.jpg

2階作業机上の棚でした。

もともと子供達と一緒に並んで勉強できるようにと作ってもらったカウンターなので、自分の物で占拠するわけにはいかず本の一部を上にお引っ越し。
もう少し大きくなったらかな〜。今から楽しみである。
そしてさらに大きくなれば、ここは壁で仕切ってひよりか暁月どちらかの部屋になる。
日当り良好だから相当モメるだろうな、でもひよりねえさんにはかなわない…?
d0112801_22275455.jpg

一方、我が家のハイパーメディアクリエイター。

「えぇ、ええ、えぇえぇ、ええ.....えっ?」
[PR]
by hibi-nani | 2011-03-02 22:38 | Diary | Trackback | Comments(7)

My special place.

とっておきの場所。
d0112801_2328428.jpg

僕の癒しの空間。
ここでブログを書いたり、読書をしたり、音楽を聴いたり、写真を観たり、コーヒーを飲んだり、計画を立てたり、リセットしたり、アイデアが生まれたりするところ。

木の温もり。
吹抜けの開放感。
風の通り道。
いつもの場所。
猫で例えると、通い慣れた路地裏って感じ。

一日の終わりには必ずここで過ごす。

そして、また明日を迎える。
[PR]
by hibi-nani | 2010-06-08 23:38 | Diary | Trackback | Comments(2)

Autumn sign.

煙突掃除。
d0112801_21511427.jpg

まだまだ暑いけど、どこか秋の匂いが感じる今日この頃。

これは8月23日のお話。

煙突掃除は2年に1回で良いと聞いたことがある。
昨年から動き出した我が家の薪ストーブ、薪を注文するのも遅かったので最初のうちは未乾燥の薪を使用していたこともあり、クレオソートがどれだけはりついているのかなどの煙道の様子が気になって、今冬に向けて煙突掃除を試みたのだ。

クレオソートとは - 液体化したガスの蒸気。この液体は固まり続け、だんだんと固い光滑剤が焦げついたタールのような性質になっていく。煙道のガスは、温度が摂氏149度以下になると液体化し始める。クレオソートは最終的に煙突火災を起こす原因となる

まずはストーブ本体と結合している部分を取り外し、ビニール袋を取り付けて、上から煤を落とせる準備をした。
d0112801_227446.jpg

ワンタッチの金具のおかげで簡単に外すことができてとっても簡単!
本当はストーブ掃除の時には呼んでくれと業者に言われていたが、薪ストーブユーザーのブログや本からメンテナンスの仕方を勉強して、一人で行った。(連絡するのが面倒くさかったし、十分一人でできる作業内容だ)
d0112801_22163529.jpg

6インチ用(152φ)煙突ブラシと920mm延長用ロッド5本を担いでいよいよ屋根に上がり、煙突上部も金具を外し、上からひたすらゴシゴシ。
煤が根こそぎとれて下に落下していく感じが、上からでは目に見えないけれど気持ちいい!
早く下に降りて袋にどんだけ煤が溜まっているか確認したくてウズウズするけど、そこはちょっと我慢してひたすらゴシゴシ。

んで、
d0112801_22275284.jpg

ジャーン!
なんと1年でこんだけ溜まっているもんだ。
やっぱり掃除をして良かった、この袋に積もった煤こそが薪焚き1年の若造の仕事だ。
焚き方はあまり良いものではなかったのだろう。
なるほど、これでわかった、「煙突掃除は2年に1回」というのはベテランの薪焚き人のお話。
僕みたいな新米薪焚き人は1年に1回のメンテナンスが必要だということ。

自分自身が納得する焚き方が出来るまで毎年欠かさず行うことにしよう。

一人前の薪焚き人になるということ、それはまず己を知ることなり。
[PR]
by hibi-nani | 2008-09-06 22:54 | Diary | Trackback | Comments(2)

Entrance

エントランス。
d0112801_121021100.jpg

玄関先にも薪をストックできるようにした。
夏はビールをガンガン冷やすクーラーも、冬はこんな感じ。
寝る前に入れる1本、ごっつい薪はこの中にある。
棚の方には中くらいの薪を、無くなり次第薪小屋から運んできて常時ストックする予定でいる。
d0112801_1292435.jpg

薪に囲まれて暮らしているとなんだか安心する。
[PR]
by hibi-nani | 2007-11-14 12:36 | Diary | Trackback | Comments(0)

Record heavy rain.

快晴。
d0112801_7582447.jpg

とはいってもこれは8月28日の写真。

現在9月18日、秋田県は大雨。

前線の影響で降水量が278ミリに達するなど、24時間降水量が県内11カ所で過去最高を更新している。3267世帯約9600人に避難勧告が出されたのをはじめ、6市町で6133世帯約1万6670人に避難勧告が出された。

ちなみにウチは無事、新築が浸水されたらたまったもんじゃないよ。
まーラウンジがある分ワンクッションおけるか*
雨の日の家の中は嫌いじゃない。
大雨になればなるほど家の有り難味を感じるじゃない。
屋根があるっていいなぁ、壁が付いてるっていいなぁ、あったかいっていいなぁ、
そんなことを感じながら窓から外を眺める。
なにげなく過ごしているが、その時点で自分は恵まれているということを認識しなければ誰かに失礼な気がするのだ。
d0112801_8163778.jpg

同日、ネームプレートが付いた。
デザインを送りつけたら出来上がってきた我が家という証拠。
表札を見る度に、新しくスタートを切った我ら家族が過ごし始めて何年経過したか一目でわかるように「2007」の西暦も刻んだ。

自分で取り付けたら少し曲がってしまったけど…

そんなの関係ねぇ〜!

おっ、雨もあがったみたいだ。
[PR]
by hibi-nani | 2007-09-18 08:33 | Diary | Trackback | Comments(0)

Slow tempo my life.

ご無沙汰です!
引っ越しのため長い間お休みしていました。


久しぶりにネットワークを繋いだらメールやらなにやら溜まり放題、そのなかでもホーボージュンさんからのメールが一番嬉しかった!
無事、テント(HOBO'S NEST 0(2007 patagonia replica) SPEC)が完成したみたいでなによりです。
25張の限定販売!
販売価格は42,000円(税込)。
数が少なく、完全限定発売なので早期完売が予想されるのでみなさんお早めに*


薪ストーブ!
d0112801_2215282.jpg

うちにある薪ストーブは「PECAN製 NECTRE15」
オーストラリア生まれのストーブだ。
その小さな出で立ちからは想像出来ないくらいのパワーを持っている我が家には欠かせない道具の一つ。(石炭も使用可能)
まだまだ熱いというのにもかかわらず我慢出来ずに焚いてしまった笑
パチパチ爆ぜる薪の音とジワァ〜っと包み込む暖かさ。
んー、たまらん!!
d0112801_222972.jpg

まだ割られていない木がこんなに…。
ウチのメインとなるのはナラの木、がっしり重くて良い木だ。

まずはせっせと薪割り薪割り。
[PR]
by hibi-nani | 2007-09-17 23:34 | Diary | Trackback | Comments(0)

The lighting equipment of my home.

あかり。
d0112801_21327100.jpg

我が家のメインとも言える台所の照明。

ODELICのペンダント、OP034148 MINAMO。

ランプ種類:白熱灯
総W数(W):60
寸法:径100□ 高321 全高1126〜1926
製品重量(kg):1.9
●鋼板(ホワイトブロンズメッキ)
●透明ガラス
ランプ名称:ミニクリプトンランプ
ランプ本数(本):1
適用空間:パブリック
適用空間:移動空間


デリケートなガラスのグローブから生れる、ふたつの異なる和のニュアンス。
揺れる水面のようなニュアンスを感じさせる透明ガラスは、ほのかな優しさを醸し出すナチュラルな雰囲気。

食堂のあかり。
[PR]
by hibi-nani | 2007-07-28 21:38 | Item | Trackback | Comments(0)

The lighting equipment of my home.

あかり。
d0112801_11155534.jpg

まずは階段の照明から紹介していきます。

ODELICのペンダント、OP034259。

ランプ種類:白熱灯
総W数(W):60
寸法:径155φ 高505 全高690〜2090
製品重量(kg):1.5
●鋼板(黒色仕上)
●泡入り透明ガラス
ランプ名称:ミニクリプトンランプ
ランプ本数(本):1
適用空間:パブリック
適用空間:移動空間


ひとつひとつ手づくりの暖かみのある照明。
階段にはスーッと延びるこんなペンダントライトが欲しかったのだ。
このイメージにぴったりなガラス細工はすぐに我が家の照明リストに入った。

階段のあかり。
[PR]
by hibi-nani | 2007-07-27 11:28 | Item | Trackback | Comments(0)

Progress of my home

我が家のコト。
d0112801_21564050.jpg

2Fからラウンジを見下ろしてみた。
我が家の吹抜けには梁がある。
この梁をどう利用するかは自分次第で、例えばフックを取り付けてハンモックをぶら下げても良し、気に入った小物をズラ〜ッと並べても良し、平均台にするも良し。
利用価値はかなりあると思うのだ。
[PR]
by hibi-nani | 2007-07-26 22:08 | Diary | Trackback | Comments(0)


HN : イトウ ヤスフミ   Age : 34


by イトウ ヤスフミ

プロフィールを見る
画像一覧

テキスト翻訳

カテゴリ

全体
Message
Diary
Poem
Item
Movie
Music
Instagram
Work

検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
いとしのラナ*
タヒチ・・・CoCoは南...
Magnum Yoda ...
THE MATERIAL...
Love&Free World
SPECIAL OTHE...
~MPzero~ [コス...
ワイワイ養蜂日記
Beyond - ブログ...
身の丈プライスインテリあん。
BOZEMANのブログ
les presents...
大きな欅の木のそばで
戯山
古着屋チキチキバンバンな日々
ZIPFY EXPRES...
月が昇れば

画像一覧

リンク

Jのマッハパンチ
カメラマン兼デザイナー兼
ナチュラリスト鈴木淳さん
のブログ。オレスタイル!

FINE.THE.TIME
CamCamメンバーG.担当。釣りとスモークをさせたら右にでる者はいないTAGEのブログ。

生キル
自宅兼アトリエを手に入れた一人のタフガイが送るガレージライフ。
これからの彼の生き方に注目です。

ベーヒンblog
ヒンベさんのブログ。日々を綴っております。

HOBODAYS
尊敬するホーボージュンさ
んのブログ。

コバさんのTreeHouseと自由な日々
偉大なツリーハウスクリエーターコバさんこと小林崇さんのブログ。

美豆木 -mizuki-
我が家のコーヒー豆はすべ
て美豆木生まれ。

ZOOZOONET
秋田限定のサーチエンジン
!秋田に関するサイト・及
び秋田にゆかりのあるサイ
トを紹介をしています。

kaiwai
東京吉祥寺WARPを拠点に
活動しているバンド。

music workshop
ヒロ、カズ、スギモリのバンド。Rock!

フィールドライフ
アウトドアの魅力を紹介するフリーマガジン。

BESS
家は暮らしを楽しむ道具。
ログハウスメーカー"ベス"のホームページ。


最新のコメント

久しぶり! ブログをい..
by hibi-nani at 22:23
kyonさん ALSで..
by イトウ ヤスフミ at 23:07
こんにちは. 夜中に数..
by kyon at 18:14
この曲が発売された頃、ラ..
by nujikuzus at 00:35
にゃーん!
by nujikuzus at 00:29
どうもです! サンダー..
by hibi-nani at 22:13
この時期は忙しいし、寒く..
by nujikuzus at 01:56
206号室 たまたま遊..
by hibi-nani at 17:03
Jさん それはJさんで..
by hibi-nani at 17:02
はこきち☆さん ほんと..
by hibi-nani at 17:00
ボーズはどうした!?髪型..
by 206号室 at 22:45
あんなに世話になった優し..
by nujikuzus at 00:33
WMFWさん どうもお..
by hibi-nani at 23:52
お久しぶりです。 お元..
by WMFW at 00:58
日本は本当に強い国だな。..
by nujikuzus at 12:02
keroさん もしかし..
by hibi-nani at 21:34
コメント有り難うございま..
by kero at 11:23
TAGE aka 塗り職..
by hibi-nani at 23:12
あくまで僕個人の話ですが..
by hibi-nani at 23:04
keroさん はじめま..
by hibi-nani at 22:59

最新のトラックバック

銀牙 流れ星 銀 全巻購入
from 銀牙 流れ星 銀 全巻購入
ニュージーランドの元気・・・
from エバーウォーム おしゃれな耐..
忠犬ハチ公の日
from Link Stuff Diary

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
カメラ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31