タグ:愛 ( 30 ) タグの人気記事

a nature.

d0112801_14441752.jpg

今日は比較的穏やかではあるが、秋田はまだまだ冬真っ盛りといったところだろう。
後2ヶ月半ほど「長い冬」は続くのだ。

そんな中、売リ上ゲニ貢献スルわけではない撮影で山に入る。
売リ上ゲニ貢献スルわけではないが、僕の場合コレがなければ「売り上げ」もなにもあったもんではない、というくらい人生において大切なことなのである。
特別理解に困るようなカチンコチンな芸術にこだわるようなことはしていないが、心で芸術というものに向き合っているからには、ちゃんと人間でなければならないのだ。

自然から頂いた何にも代え難い感動と教えと現実。
犯罪を取り締まるという当たり前化している無くなって欲しい防犯システム。
裏が無くてはバランスがとれない社会の現実。
そうそう、原発はいらない。金のためなら尚更いらない。
ということは、核兵器もいらないということになる。
大抵の人は原発を推進するということは、知らず知らずに核兵器を推進しているということに気付いていない。

もう一度言わせていただくと、「ちゃんと人間」でなければならないのだ。
人間が造り上げたものの中で人間を育むのではなく、宇宙が造り上げた地球という惑星の中でこそ人間は育つものだと信じている。
少し怪しげな話になってきているが、これを怪しげと捉えている時点で「人間のルール」に基づいて考えているからに過ぎなくて、僕の場合「怪しげ」ではなく、「自然」ということになる。
そして、他より変わったものが芸術という固定観念もあまりない。
まずもって「人間」の気持ちを想えるからこそ「人間」を感動させられるんじゃないのかな。

前置きが遥かに長くなってしまったが、上の写真はそんな自然と向き合うことができる撮影の合間に、天候待ちをしたり、コーヒーを啜りながら冷えた身体を暖めたりするのに必要なスイートルーム。
もちろんその間エンジンはストップしているので、この程度の道具が必要なのである。
最低限の装備で十分。
年を重ねるとともに、ウルトラライトハイキングにも興味を持ちはじめ、ローインパクトで自然と向き合う大切さを感じられるようになった。
経験や道具も必要だが、なにより自然を愛する気持ちが自分の言動や行動を表すバロメーターになるのだと憶う。

こうして文字にすることにより、改めて人間として贅沢な暮らしができているということに感謝。
そして、いつも支えてくださる皆さんのおかげだと心から感謝してます。

d0112801_15445743.jpg


d0112801_15473930.jpg

[PR]
by hibi-nani | 2014-01-31 10:42 | Trackback | Comments(0)

My relationship with you.

キミとボクの関係。

d0112801_11152679.jpg

この隙間からキミをみつけたら、
キミはこの隙間からボクをみつけてくれた。
キミがボクにこうして笑顔を向けてくれることによって、
ボクはキミの父親なんだと実感することができるんだ。

緊張はほどけたかい?

さあ、精一杯歌っておいで。
[PR]
by hibi-nani | 2013-11-17 11:20 | Message | Trackback | Comments(0)

The days people can love each other in one year "365 days"

365日。




本当に音楽ってスゴ過ぎる。

胸の奥底でキュンとなるどうしても居たたまれない気持ちは、いつも言葉にすることができない。

そしてなぜだか、この詩を聴いている女性の表情に涙が出てきた。

人々が1年間で愛し合える日数。


Mr.Children 公式サイト
[PR]
by hibi-nani | 2011-11-05 23:24 | Music | Trackback | Comments(1)

BackPacking trip | Every Trail

大滝山自然公園ショートトレイル。
d0112801_1203625.png

休日とはいえ、独り身のように自由に時間を作ってどこかに出かけるということはまだまだ先の話で、今は子供達と向き合う大切な時期なのだ。
僕は、流行の服を買うわけではなく、仲間と飲みに出かけるわけでもなく、クラブやパーティーに遊びに出かけるわけでもなく、今の時代のこの年頃の割には少々変わり者だということは自分自身で十分にわかりきっていることである。
ただし、あくまでもそれは一般論で多数決の世界の話の上でだ。
でも僕はそこにはいない。
だから仕事が終わればまっすぐ家に帰り、家族と一緒にご飯を食べて子供達と限られた時間の中で戯れてお風呂に入って寝る。
休日はいつも通りの時間に起きて子供達を幼稚園に送って行き、時間の午後2時になると迎えに行って食材を買って帰り、昼寝で寝かしつけた後たまには夕飯の支度をしたりして妻の帰りを待つ。

こうして文字にして自分で読み返すとなんとも絵に描いたような父親像で笑えてくる。(もちろん周りの支えがあってこそだが。)
文字通りのそんなにそんなにキッチリはしていないが、"マトモに生きる" ということで自分の人生がようやくクリーンになってきた気がする。

自慢じゃ無いがお金は無い。
でも家族がいて、我が家があって、車があって、笑顔がある。
これ以上なにが必要なんだ!?と自分自身思ってしまうほどの理想が現実となってここにある。
しかし、もうひとつ。
普段の生活の中でもうひとつだけ僕には大切なものがある。

自然。

この限られた時間に優先してしまうのが、自然を感じたいという気持ち。
世の中にこれが無きゃ息苦しくて死んでしまうかもしれない。
僕が思うに人間であれば誰もがそう思うんじゃないかと思う。
仕事も人生。でも僕は冒頭でもお話した通りの変わり者。プライベートのほうがより人生なのだ。
勘違いしてもらいたくないのは、仕事で手を抜いているわけじゃない。
仕事よりも本気だということである。

休日に子供達を幼稚園に送って迎えに行くまでの4時間で自然を感じられる場所はないか探した。
一番近い太平山でも車移動でかなりの時間ロスになるし、ましてや登って降りることなんて到底無理。
いや、まてよ。そもそも自然=山という考えが間違っている。
頂上を目指すということより自然の中を歩くということが好きなことに気付いたら、答えはあっと言う間にでた。
とここで、この間行ってきた大滝山自然公園に繋がるわけだ。

携帯電話がiPhone4sになってコンパス機能も完全に復活してGPSも以前よりは正確になったはず。
ということで今日は、iPhoneのアプリEVERY TRAILと一緒に。

d0112801_0361673.pngこのアプリの良いところは歩いたルート・距離・時間はもちろん、その過程で撮影した写真の場所も正確に表示してくれるところである。
しかも手軽に。(言語は英語だが、説明書や使い方を見なくてもあっさり使いこなせた。)

詳しくはコチラで。(是非スライドショーをご覧ください)
写真はすべてiPhone4sで撮影したもの。
個人的にはデジカメの進化にちょっと感動しちゃいました。てか携帯電話なんだけど…。
しかもiPhoneのモニターで見ているとまるでポジフィルムを見てるかのような錯覚にも。
そこそこの画質と手軽さと変わらぬ多機能に乾杯。

時間の無い時こそ、こんな近場でこんな手軽さを連れて自然の中へ。

自然と遊ぶことで、自然を知り、理解し、愛着する。
愛着することによって、自然を守ろうとする意識が芽生える。

- Jhon Muir ジョン・ミューア 1838-1914 -

MY EVERY TRAIL http://www.everytrail.com/view_trip.php?trip_id=1349211
[PR]
by hibi-nani | 2011-11-05 01:11 | Item | Trackback | Comments(0)

Congratulations to the marriage 5th anniversary in "Akita Komagatake"

記念日は、秋田駒ヶ岳に。
d0112801_5405898.jpg

結婚5周年の記念に、最近めっきり減ってしまった"2人きり"で秋田駒ヶ岳を歩くことに決めた。
ポイントは場所というより、2人きりという時間にある。
家族でいる時間はこの上なく幸せなことだけど、こうして1日の中で2人になる時間というのは子供達が寝静まったわずかな時間だけ。それも疲れ果てて間もなくバタンキューだ。
そんな僕たちの結婚5周年の記念に、おばあちゃんから"時間"のプレゼント。
とてもありがたいことである。

9時45分頃、八合目駐車場に到着。
平日なのでマイカー規制には制限されず、ここまで車で来ることができた。
周りは雲に覆われていて視界が悪いし結構肌寒くて、9月ともなれば山は秋の装いである。
妻も秘技タイツ2枚重ね!(足が太く見えまーす笑)
晴れの日を狙って来たはずなのに、ん〜残念。

d0112801_9245650.jpg

阿弥陀池を越えて、秋田駒のピークである男女岳に登頂。
視界はほぼゼロ。時折吹く強風に雲が流れた時に見える景色がまた良い感じ。
見え隠れする岩手山が幻想的かつ男山。個人的に雲海は好き。

d0112801_9393293.jpg

下りるとスカッと無くなっていく雲、そんなもんだよね…笑
男女岳ピークまでの道のりは階段で、整備され過ぎていることが逆にキツイ様な気がする。
でも、こっからは晴れた!テンションもグググです!
やっぱ太陽の力はスゴいな〜、いつもありがとさんです!!

d0112801_9482836.jpg

ランチはチキンカレーとコーヒーで。
視界の左側には男女岳、後ろに男岳と女岳、目の前には岩手山と、山!山!山!に囲まれて食べる2人きりランチはこの上なく幸せでした。
そして後ろに居てくれるだけで安心な10人くらいで来ていたベテランパーティーは、でっかい鍋を囲んでうどんを作って食べていた。
いくつになってもこうして遊べる仲間がいるってことは、本当に幸せそうに見えました。
うどん1杯350円だよー!安っ!笑

価値は…、んープライスレス。

d0112801_10242750.jpg

再び阿弥陀池に戻り男岳方面へ行くがピークは目指さず、ここから一気に下るのだ。
やる気満々のこの表情。
その訳は、ここが今日のデートの目的地だから!

結構急勾配なので、ごろた石に足を取られないように気をつけながら。
そう、ここは…

d0112801_1085134.jpg

ムーミン谷。

その名の通りここから見える景色は、まるで外国にでも来たような錯覚に陥ってしまう。
北欧には行ったことは無いけどこんな感じなんだろうか?
しかし素晴らしい景色である。(特に夏はチングルマの群生が素晴らしい)
左のかたつむりみたいな山が小岳、右側に見えるのが女岳。

d0112801_22395131.jpg

ちょいと休憩。
只今の時刻は午後2時。この時間帯にこの場所は人影も少なくのんびりできた。
寒かったのは歩き始めの頃だけで、今はぽかぽか暖かい。特に歩き始めると暑いくらいなのでTシャツでOK。
こんなところにソローみたいな必要最低限の小屋なんかがあったら最高だろうな〜。
でも住むとなればいろいろと大変なんだろうな〜。

ここで星が見たい!
d0112801_10532528.jpg

ムーミン谷の緩やかな傾斜を下り、駒池のところで振り返る。
あのてっぺんから下ってきたのか、ここまであっという間だった。
もう少しここに居たくてゆっくりゆっくり進む。

d0112801_21104856.jpg

そしてここを抜けると景色はガラリと変わるのだ。
目の前に広がるこの景色をご覧あれ、いざ大焼砂へ。

d0112801_21505011.jpg

その名の通りのこの場所はシーズン中のコマクサが有名である。
しかしこの駒ヶ岳ってのはいろんな道があって面白い。
例えば、この大焼砂の登りは砂に足を取られてなかなか進まない。
でもこんな道もあるからこそメリハリがあって面白いのだ。
ひたすら平坦だったり、だらだら登ってても面白みが足りない。
急勾配があったり、たまーに楽をしたり、足が埋まってなかなか前に進まない時期もあったり、ターニングポイントがあったり…。
行き先に困ったなら相談して道を決め、前に進んだり一旦引き返して軌道修正したりできる。
出逢う人には挨拶を交わし、そこから生まれる交流もあったり、思い出を作ったり。
まさに自然の中を歩くということは、人生みたいなもんで歩いていて飽きがこない。

そう、僕らも "妻" と "夫" という人生を今まさに2人で歩いている最中なのだ。

妻にとって初めてのトレッキングになる今日は、僕らが結婚して5年の歳月が経ったという記念すべき日なのである。
そしてこの場所は、生まれて初めて歩く記念すべき場所になる。
ここ秋田で生まれ育ち、そして秋田の象徴でもある秋田駒ヶ岳という最高の山がここにある。

d0112801_23355128.jpg

僕らにとって特別な山になりました。

結婚5周年おめでとう!これからも末永くよろしくねー!!
[PR]
by hibi-nani | 2011-09-13 22:11 | Diary | Trackback | Comments(0)

Happiness that there is with a family.

この家族でいるというシアワセ。
d0112801_2362657.jpg

書き忘れていたことがありました。
それは6月20日の父の日のこと、ひよりから絵のプレゼントをもらいました。
口をとがらせながら一生懸命描いてくれたパパの似顔絵です。
それにママが額に入れて可愛く仕上げてくれました。
生まれて初めての娘からもらった "父の日のプレゼント" というものに、改めて自分は父親なんだなぁと実感させられました。
そして宝物がまたまた増えました。

ひよりはこの絵で初めて手と足を描けるようになったね。
そして今日現在に至っては、服を着た体も描けるようになりました。
d0112801_04478.jpg

ちなみにこの絵は、はじめのうちペネロペを描くつもりが後半パパになってしまったみたい…。
日々進化し続けている娘の絵に感動し、それはひより自身にも現れてきていることにも感動を憶えている今日この頃です。

ひよとママへ
すごくあったかい手づくりのプレゼントをありがとう。


こうして想ってもらっていることが、なによりのプレゼントです。
[PR]
by hibi-nani | 2010-07-15 23:24 | Diary | Trackback | Comments(2)

If I get over a trial, I grow big.

雨ニモマケズ。
d0112801_22205668.jpg

前回紹介した我が家のかまくらは、前より大きく、そして中は広〜くなりました!
実はかまくらを作ったその日の晩に雨に降られ、一時期は小さくなったものの、大復活を遂げたのである。

いや、その前に雨にまつわるエピソードがある。
冒頭で言った "雨が降った" というのはあまりにも簡単に言い過ぎたかもしれない。
というのも、いきなりの"土砂降り" だったからである。
なにもこのタイミングで!と言わんばかりの流れで「よっしゃーかまくら完成!」→「土砂降りー!」の最悪パターン…。
しかし、外で雨が振り出し、次第に強くなり始める頃、僕はすでに夢の中だった。
雨が降った事実を目の当たりにしたのは、もちろん朝目覚めてからのことである。
直ぐさまかまくらの状況を確認しようとしたら…

なんとかまくらが青くなっているではないかっ!

実はその青とは、ブルーシートのこと。
なんとおっとーがかけてくれていたのだ。
聞けば、雨に気付いたのが深夜1時頃。次第に強くなる雨に居ても立ってもいられず、雨具に着替え、小屋に向かいブルーシートを引きずり出し、1枚では足りず2枚を重ね、そして仕上げには風で飛ばぬようコンクリートブロックでがっちり押さえるまでの徹底ぶり。さすが!しかもこの間の作業時間は、なんと1時間近く?以上?かかったという。
ここまでして守ってくれたかまくらを早々簡単に潰してたまるかということで、おっとーの気持ちを継ぎ、前よりも丈夫にと息を吹き込んだ。

昨日は天気も最高!気温も高く少し溶け具合の雪が功を奏し、一周りも二周りも大きくすることができた。
d0112801_23324497.jpg

一方、ちっちゃいウェイトレスさんは、おいしいコーヒーを持ってきてくれる。
もう手を伸ばしても届くことのできない高い天井に向かってジャンプしたり、自分のスコップでかまくらを削ったり、雪を家の中に運んでは、また外にでて雪と戯れたりしてすごく楽しそうだった。
d0112801_23421966.jpg

自分のお家の前で、ひよりの得意技 "ソーゲンッ!!" が炸裂。
ソーゲンとは、ひよりがこの態勢をとる時のキメ台詞である。意味は全くもって不明!笑
d0112801_2349366.jpg

そしてコイツらは、前日の訪問者のイヴとヒロアキ。
3時まで呑んだ!ずーっと昔からの連れで、血液型バラバラのなにかと理由をつけてはBBQしたりの仲。
話が尽きない尽きない笑 (まともな話3:くだらない話7ってとこ) 笑ったり怒ったり泣いたり(本気で笑)とにかく忙しいヤツらなのだ。
d0112801_012194.jpg

最近トトロにハマっているひよりが、めいちゃんのお姉ちゃんのさつきの真似をしてご飯をかっ食らっているところ。
自ら真似をしながら本気でかっ食らっていたので、急いでカメラを持ってきて撮影した1枚。

いっぱい食べてかまくらみたいにおっきくなれー!


そして最後は、
d0112801_0261296.jpg

正真正銘、臨月の妊婦とその娘である。笑
もちろん長時間居た訳ではないけれど、かまくらの中でストーブを焚いていると結構暖かい。
しかし、ひよりの一人っ子人生が終わるのもあと数えるくらい。
さつきみたいなしっかりしたお姉ちゃんになってくれそうな気がなんとなくだけどするよ。
きっとひよりなりにお姉ちゃんになる準備をしているんだ。

パパもママも知っているよ。
[PR]
by hibi-nani | 2010-02-18 00:09 | Diary | Trackback | Comments(0)

Happy time with a family.

ひよりの大森山と海の旅。 〜私のトラさん〜

d0112801_2235730.jpg

6月19日 晴れ。
今日はみんなでお出かけ、大森山動物園に行ってきました。
ひよりは生まれて初めて見る動物達に大感動!
まずはペンギンさんを覚えました。
自分のバッグをどうしても持たないといけないみたい。
ちなみにバッグの中身は、フルーツラムネ・水風船(いっぱい)・ガーゼ・髪留めのゴム(いっぱい)が入ってます。

d0112801_227118.jpg

おっと、途中ですべり台をみつけました。
よいしょ、よいしょと一人で上っていきます。
と、ここまでは一丁前だけど…

d0112801_22131472.jpg

てっぺんまで着くと立つことができません!笑
高所恐怖症のようで、お尻を擦りながら徐々に進んでいます。
でも、そのポイント以外は上手にできるようになってきたね*
保育園のすぐ向かいが公園になっていて、そこのすべり台でいつも練習しているみたい。
迎えにいった帰りも、晴れている日はそこで遊んでから帰って来るのが日課なんです。
今年の七夕のお願い事は、「ひとりですべりだいであそべるようになりますように」だから
もしかして七夕前にお願い事は叶いそうかな?

d0112801_2222248.jpg

運動していっぱい汗をかいたら水分補給の時間。
その前に手はきちんと洗いましょう!

d0112801_22245538.jpg

おー!すげーいい食いっぷりっ!
食ってる時が一番いい顔してるんじゃないか!?
こんな暑い日はかき氷が一番!
って、自分のミニアイスを平らげてからパパのかき氷を食べているんです実は…。
まー、いっぱい汗かいたし熱中症になられても困るから水分を取ることは悪いことではないけどねぇ。

d0112801_22361193.jpg

続いてトラです。
ひよりは「おっきいねー」「かわいいねー」だって。
可愛いかは別として、すごく気に入った模様。
d0112801_22413940.jpg

「と〜ら〜さぁ〜〜ん!」d0112801_2250457.jpg

ひよりが呼ぶとトラも近づいて来てくれたよね*

でも発音がトラさんじゃなくて寅さん!
トラさんだよって教えても確実に「寅さぁ〜ん」なのである。

ププププププ……

寅さんには失礼だがこの顔しか浮かばなかった →


d0112801_22552516.jpg

帰り道に少し寄り道をして、これまたひよりは生まれて初めての海。
ひよりは海より砂に夢中!
だよなー、こんだけ砂があるんだもん遊び放題だよ。
砂を手いっぱいに掴んで「ばらばらばらぁー!」

d0112801_2325188.jpg

ママと貝殻探し*
こんな光景いいね〜!おとうさん、おかあさん、ほんと幸せだよ僕は…笑
ひよりの「あったぁー!」って言うその顔が、たまんなく嬉しそう!

d0112801_2365624.jpg

さーて、影も伸びてきたしそろそろ帰るよー。

うみぃ〜バイバイ〜またくるねぇ〜!
[PR]
by hibi-nani | 2009-06-25 23:16 | Diary | Trackback | Comments(0)

For children, give me freedom.

子供達に自由と希望と明るい未来を。

d0112801_2347138.jpg

うちのばあちゃんは、ひよりが1才6,7ヶ月の頃からハサミの使い方を教えてくれた。
刃物は危ないと子供から遠ざけるのでは無く、あえてひよりにハサミの性能や安全な使い方を教えたのだ。
おかげで今ではかなり上手に使いこなせるまでに成長し、写真でもわかるように器用に細かく紙を切り刻んでいくのである。
危ない事は危ないとしっかり教えられたため、絶対にハサミの刃の部分には触れないし、紙以外に標的を見つけることもなく、正しい使い方ができるようになった。

子供に対して危ないという理由で遠ざけようとすればするほど興味が沸き、正しい使い方を教えていなければ怪我に繋がる可能性が高い。
それは最近の子供社会全体にも言えることではなかろうか。
正しい使い方の説明もせず、携帯電話を与えたと思えば遠ざけようとしたり、正しい遊び方を教えることもせず、とにかく川には危ないから絶対に近づくなとか、祭りの射的は射幸心をあおる恐れのある遊技だからといって今更遠ざけてみたり。

だったら自分の子供時代はどうだったんだと言いたい…。
射的どころか本格的なエアーサブマシンガンやガスガンなどの打ち合いが全盛期だった頃。
特に規制もされておらず、業者は次なる威力を求めてガンガン販売していた時代である。
そんな時代だからこそなのか、
"顔は危ないから首から下の攻撃で"
"この線より前に来たらほぼ100%当たってしまうから線からは絶対はみ出してはいけない"
"無敵ゾーンを作る"
など、自分達でしっかりルールをつくり、きちんと話し合った上で遊んでいた気がする。
仲間で集まる上には必ずある程度のルールというものがあるのだ。

そこで、今の社会はどうだろう。
大人達が作り上げた現実離れの空想社会。
インターネットというパソコンが1台あればどんな物、情報でも簡単に手に入ってしまう。
しかも必ずしも良いことだけだとは限らない、むしろ悪いことに使われる道具と化してしまってるのではないか。
子供達にルールを持たせず、下準備もせず、ただただ自分達のためだけに作り上げた世界なのでは。

今の時代、子供達は生きているだけで被害者のような気がするのは僕だけでしょうか?

そして大人達は、自分達が行ってきたことの責任からか、過保護になり過ぎているのではないでしょうか?


子供はもっと自由であるべきだ!

少なくともひよりには、ある程度のルールをもった自由を与えてあげたいと思っている。

d0112801_0323557.jpg

あーひよちゃん!紙はいいけど髪はダメだよぅ〜!

ル、ルールがぁ〜!笑

[PR]
by hibi-nani | 2009-04-25 00:43 | Message | Trackback | Comments(2)

The day when I decided to walk with you.

歩幅を合わせてゆっくりと。

d0112801_2237484.jpg

あなたと共に歩いて行くと決めた日だから。
二人で歩幅を合わせてどこまでも歩いて行こう。
わたしが後ろをついて追いつけないその時は、ぼくがちょっぴり立ち止まればいい。
ぼくが後ろをついて追いつけないその時は、わたしがそっと振り返ればいい。
そしてまた手を取り合って。
見つめ合ったら笑い合って。

初めてあなたの前で涙が溢れた日。
涙が溢れるということは、心が優しい証拠。
わたしの涙が溢れたら、ぼくは優しい瞳であなたをみつめる事ができる。
あなたの涙が溢れたら、わたしはあなたの気が静まるまで抱きしめることにします。
そしてまた手を取り合って。
見つめ合ったら笑い合って。

駆け足して転んでしまったその時は、二人で空を見上げて笑えばいい。
そんなことがちっぽけになるくらい大きな声で。
そしてまた歩幅を合わせてゆっくり一歩を踏み出したその時は、
この道に刻まれた足跡がこんなにも長いことに気付くでしょう。



結婚生活はめちゃくちゃ楽しくて幸せなもの。
兄としてなにひとつしてあげれなかったかもしれないけど、
こんな時くらいしか素直になれない同士だけれど、
最後の台詞だけはしっかり心に留めておくことにするよ。

今日も明日もずっと一緒にいられることの幸せを、いつまでも味わえる慶びを。
[PR]
by hibi-nani | 2009-03-10 23:58 | Message | Trackback | Comments(2)


HN : イトウ ヤスフミ   Age : 34


by イトウ ヤスフミ

プロフィールを見る
画像一覧

テキスト翻訳

カテゴリ

全体
Message
Diary
Poem
Item
Movie
Music
Instagram
Work

検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
いとしのラナ*
タヒチ・・・CoCoは南...
Magnum Yoda ...
THE MATERIAL...
Love&Free World
SPECIAL OTHE...
~MPzero~ [コス...
ワイワイ養蜂日記
Beyond - ブログ...
身の丈プライスインテリあん。
BOZEMANのブログ
les presents...
大きな欅の木のそばで
戯山
古着屋チキチキバンバンな日々
ZIPFY EXPRES...
月が昇れば

画像一覧

リンク

Jのマッハパンチ
カメラマン兼デザイナー兼
ナチュラリスト鈴木淳さん
のブログ。オレスタイル!

FINE.THE.TIME
CamCamメンバーG.担当。釣りとスモークをさせたら右にでる者はいないTAGEのブログ。

生キル
自宅兼アトリエを手に入れた一人のタフガイが送るガレージライフ。
これからの彼の生き方に注目です。

ベーヒンblog
ヒンベさんのブログ。日々を綴っております。

HOBODAYS
尊敬するホーボージュンさ
んのブログ。

コバさんのTreeHouseと自由な日々
偉大なツリーハウスクリエーターコバさんこと小林崇さんのブログ。

美豆木 -mizuki-
我が家のコーヒー豆はすべ
て美豆木生まれ。

ZOOZOONET
秋田限定のサーチエンジン
!秋田に関するサイト・及
び秋田にゆかりのあるサイ
トを紹介をしています。

kaiwai
東京吉祥寺WARPを拠点に
活動しているバンド。

music workshop
ヒロ、カズ、スギモリのバンド。Rock!

フィールドライフ
アウトドアの魅力を紹介するフリーマガジン。

BESS
家は暮らしを楽しむ道具。
ログハウスメーカー"ベス"のホームページ。


最新のコメント

久しぶり! ブログをい..
by hibi-nani at 22:23
kyonさん ALSで..
by イトウ ヤスフミ at 23:07
こんにちは. 夜中に数..
by kyon at 18:14
この曲が発売された頃、ラ..
by nujikuzus at 00:35
にゃーん!
by nujikuzus at 00:29
どうもです! サンダー..
by hibi-nani at 22:13
この時期は忙しいし、寒く..
by nujikuzus at 01:56
206号室 たまたま遊..
by hibi-nani at 17:03
Jさん それはJさんで..
by hibi-nani at 17:02
はこきち☆さん ほんと..
by hibi-nani at 17:00
ボーズはどうした!?髪型..
by 206号室 at 22:45
あんなに世話になった優し..
by nujikuzus at 00:33
WMFWさん どうもお..
by hibi-nani at 23:52
お久しぶりです。 お元..
by WMFW at 00:58
日本は本当に強い国だな。..
by nujikuzus at 12:02
keroさん もしかし..
by hibi-nani at 21:34
コメント有り難うございま..
by kero at 11:23
TAGE aka 塗り職..
by hibi-nani at 23:12
あくまで僕個人の話ですが..
by hibi-nani at 23:04
keroさん はじめま..
by hibi-nani at 22:59

最新のトラックバック

銀牙 流れ星 銀 全巻購入
from 銀牙 流れ星 銀 全巻購入
ニュージーランドの元気・・・
from エバーウォーム おしゃれな耐..
忠犬ハチ公の日
from Link Stuff Diary

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
カメラ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30