Climb "Mt.Taihei" 951.7m.

出羽山地、太平山 (前岳・中岳) 951.7mを登る。
d0112801_2247799.jpg

8月18日 晴れ
AM5:30起床、眠い目をこすりながら車で太平山へと走る。
コンビニで朝飯のお握りを買って腹を満たした。
別荘地から林道に入り、登山口へ。
ルートは太平山スキー場リフト終点の二手ノ又(にてのまた)登山口から登り始める仁別コース。

AM7:06 登頂開始。
一番乗りで他には誰もいなくて最高!

d0112801_22474760.jpg

アプローチからこんな感じでブナの根の階段を登って行く。
まずは最初の急坂、早くも軽く息切れしながら進んで行くと視界が開けた。

d0112801_22481832.jpg

突然ポンと目に飛び込んでくるブナ。
朝靄残る空気と朝日に横から照らされている姿に神々しさを感じ、シャッターを切る。
この先平坦な道になり、そして2回目の急坂に突入。
ここから少し進むと "木曽石コース" と合流する分岐がある。
この合流ポイントまで、写真を撮りながらスローペースで登って35分。
さらに15分ほどでチェックポイントである標高774m "女人堂" に到着。

d0112801_22485621.jpg

この鳥居が目印。
以前は社殿や参籠所が建っていたらしいが、平成13年に焼失して現在は小さな祠があった。

d0112801_22493897.jpg

女人堂からの眺め。
眼下に秋田市内が広がる。
残念ながらガスかかっていて男鹿半島や鳥海山は見ることができなかった。
ここからまた尾根を進む。
一ノ沢コースとの合流があり、女人堂から歩くこと約25分で二十七観音像の立つ岩谷山と清水が湧く三角井戸に着く。

d0112801_2250288.jpg

湧き水で水分補給をして、この先に待つ急な登り坂へと向かう。
ペットボトルにも給水、帰りの分とする。

d0112801_22505976.jpg

三角井戸を過ぎるとこういった坂が目立つようになってくる。
そしてあと約100m登ると、登山口から約1時間50分の標高951.7m太平山中岳の頂上に到着する。
山頂には、二等三角点と木曽吉山神社がある。

d0112801_22512535.jpg

木曽吉山神社裏手から奥岳を望む。
奥岳は中岳より約200m高い1170.4m。次回はここを目指すのだ。
往路になっているので帰りは来た道を戻ることになるけど、登りとはまた違った風景を楽しめる。下ること45分、再び女人堂に到着。
朝が早かったせいかAM11:00にして腹が減ったので、ここのベンチで秋田市内を見下ろしながらのランチタイム。
今日のランチは、五目ごはんのアルファ米と豚汁。

d0112801_2321852.jpg

ここでストーブのプレヒートをしようとしたら、オイル漏れの事態。ポンプ部のゴムキャップを交換したら漏れは無くなった。
常に持ち歩いているメンテキットに助けられた。
先ほど補給した三角井戸の清水でお湯を沸かし、それぞれに注ぐ。

d0112801_23232038.jpg

この豚汁がめちゃめちゃウマかった。
また同じの買おう*
質素なランチだけど手軽に出来て、その分景色を楽しむことに集中できたこと、これが大正解。

食後のコーヒーでも沸かそうかなと思っていたら、鈴の音が聞こえてきた。
蚊取り線香の香りと共に久しぶりの人の気配。
両手にレキのトレッキングポールを持ったベテランの風格を漂わす年配の男性が隣に座った。
小谷部さんという山好きの写真好きの人間。
ついつい話込んで、1時間近くいろんな話をした。
プロの写真家と山に入る機会がありそこでカメラを学び、仲間、もしくは1人で山に登っては滝や草花・夕日などの風景写真を撮っていると言う。
普段は中判カメラを構え、ポジで撮影して現像は京都に送るという本格ぶり。
撮影した写真は某雑誌社のコンテストに出品し、奇跡的に撮れた阿仁の一ノ滝の写真は見事入賞を果たしたという。
その撮影の経路を細かく説明する姿は本当に楽しそうで、聞いていて楽しくもあり羨ましくもあった。こういった話は、写真好きにしか分かち合えない話なんだろう。
今まで登った経験から、おすすめルートなどの情報収集もできた。
もちろん僕の話もした。
小谷部さんは、ここの場所を本当に愛しているんだろう、ほぼ毎日この女人堂まで登るという。
そして到着時も出発時も必ず祠や石像に手を合わせていた。

そう、太平山はかつて信仰登山といわれ、木曽石・旧仁別・野田の各参道に三十三観音の石像が祀られている。当時は前岳を神仙山(しんせんざん)、中岳を木曽吉山(きそよしさん)と呼んでいて女人禁制の山としても知られていた。

小谷部さんが登ることにも意味があり、そこには "願" が込められているのだと思う。
そこまでの深い話までは踏み込めなかったが、いつでも連絡してくれと名刺をもらって一緒に下山した。
d0112801_0471441.jpg

下山途中、小谷部さんが手を合わせていた石像。
仁別コースからはブナの木の影に隠れて見えない。
"木曽石コース" から "仁別コース" へ合流する分岐で見ることができる。
女人堂から登山口まで、登りの半分の時間の30分で下りることができた。

PM12:42 登山口駐車場着。
ここで小谷部さんとはさようなら。
そして「連絡します」と伝え、それぞれの帰路についた。

この日話した、いつかあの場所で本当に夕日を撮ることができたならば、真っ先に彼にメールで写真をプレゼントしようと憶う。
[PR]
by hibi-nani | 2009-08-26 00:38 | Diary | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hibinani.exblog.jp/tb/10146685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nujikuzus at 2009-08-26 16:30 x
Topの写真はあのジェンキンス氏の再来でしょうか?

登山楽しそうだったね~。

県内で最終的には聖地MT鳥海に登りたいね!

アディオ~ス!
Commented by hibi-nani at 2009-08-26 18:10
Jさん
バレましたか!ジェンキンス氏は今年のキャンプにももちろん参加です。
聖地はどんな感じなんすかねぇ。
みんなで登るのが楽しみでしようがないっす!
Commented by TAGE at 2009-08-28 09:00 x
ジェンキンス氏!?お元気そうで何よりです☆
山すごく気持ちよさそうですね♪
登山の始めの一歩、早く踏み出したいっす!
Commented by hibi-nani at 2009-08-29 00:34
TAGE
ジェンキンスですけどなにか?
最高に清々しかったよ♪
きれいな空気と鳥の声と樹々の香り、そして風景。
なにもかもやられるなぁ。
今度一緒に登ろうな*


HN : イトウ ヤスフミ   Age : 34


by イトウ ヤスフミ

プロフィールを見る
画像一覧

テキスト翻訳

カテゴリ

全体
Message
Diary
Poem
Item
Movie
Music
Instagram
Work

検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
いとしのラナ*
タヒチ・・・CoCoは南...
Magnum Yoda ...
THE MATERIAL...
Love&Free World
SPECIAL OTHE...
~MPzero~ [コス...
ワイワイ養蜂日記
Beyond - ブログ...
身の丈プライスインテリあん。
BOZEMANのブログ
les presents...
大きな欅の木のそばで
戯山
古着屋チキチキバンバンな日々
ZIPFY EXPRES...
月が昇れば

画像一覧

リンク

Jのマッハパンチ
カメラマン兼デザイナー兼
ナチュラリスト鈴木淳さん
のブログ。オレスタイル!

FINE.THE.TIME
CamCamメンバーG.担当。釣りとスモークをさせたら右にでる者はいないTAGEのブログ。

生キル
自宅兼アトリエを手に入れた一人のタフガイが送るガレージライフ。
これからの彼の生き方に注目です。

ベーヒンblog
ヒンベさんのブログ。日々を綴っております。

HOBODAYS
尊敬するホーボージュンさ
んのブログ。

コバさんのTreeHouseと自由な日々
偉大なツリーハウスクリエーターコバさんこと小林崇さんのブログ。

美豆木 -mizuki-
我が家のコーヒー豆はすべ
て美豆木生まれ。

ZOOZOONET
秋田限定のサーチエンジン
!秋田に関するサイト・及
び秋田にゆかりのあるサイ
トを紹介をしています。

kaiwai
東京吉祥寺WARPを拠点に
活動しているバンド。

music workshop
ヒロ、カズ、スギモリのバンド。Rock!

フィールドライフ
アウトドアの魅力を紹介するフリーマガジン。

BESS
家は暮らしを楽しむ道具。
ログハウスメーカー"ベス"のホームページ。


最新のコメント

久しぶり! ブログをい..
by hibi-nani at 22:23
kyonさん ALSで..
by イトウ ヤスフミ at 23:07
こんにちは. 夜中に数..
by kyon at 18:14
この曲が発売された頃、ラ..
by nujikuzus at 00:35
にゃーん!
by nujikuzus at 00:29
どうもです! サンダー..
by hibi-nani at 22:13
この時期は忙しいし、寒く..
by nujikuzus at 01:56
206号室 たまたま遊..
by hibi-nani at 17:03
Jさん それはJさんで..
by hibi-nani at 17:02
はこきち☆さん ほんと..
by hibi-nani at 17:00
ボーズはどうした!?髪型..
by 206号室 at 22:45
あんなに世話になった優し..
by nujikuzus at 00:33
WMFWさん どうもお..
by hibi-nani at 23:52
お久しぶりです。 お元..
by WMFW at 00:58
日本は本当に強い国だな。..
by nujikuzus at 12:02
keroさん もしかし..
by hibi-nani at 21:34
コメント有り難うございま..
by kero at 11:23
TAGE aka 塗り職..
by hibi-nani at 23:12
あくまで僕個人の話ですが..
by hibi-nani at 23:04
keroさん はじめま..
by hibi-nani at 22:59

最新のトラックバック

銀牙 流れ星 銀 全巻購入
from 銀牙 流れ星 銀 全巻購入
ニュージーランドの元気・・・
from エバーウォーム おしゃれな耐..
忠犬ハチ公の日
from Link Stuff Diary

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
カメラ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30